エデンの箱庭で

作者 誠澄セイル

未来のエデン

  • ★★★ Excellent!!!

これは、終末戦争後の世界です。

デザイナーズチャイルドが、直観像記憶等の能力を持ち、特別な環境で育ちます。

登場する人物の紹介文が、物語の順に、自然と入って来ます。

主人公カシアが、赤い果実の夢で見た自分らしき存在から、夢の彼女の登場迄、モブも入れてもきっちりとんとんと行きます。

全体的に詩の様に綺麗な文体ですが、しっかりとSFになっています。

マトリカリアは、お守りでは終わらなかったのか。

本で旧時代を知るのは禁忌か。

エデン、シーヴァ、ユメノシマとは何の為にあるのか。

気になる所が、満載です。

バトルシーンとなるとドキドキする迫力がぐっときます。

コメディーの要素もあり、口を溶接するという台詞は、笑えました。

ヒマワリが、虚勢を止めた時に、ヒマワリの存在が、あたたかい感じになりました。

この物語では、何か一つできない登場人物が、かえって気になります。

がんばってください。

ぺこり_(._.)_

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

いすみ 静江さんの他のおすすめレビュー 324