狂犬の苦悩にキツネは笑いけり

作者 夏炉冬扇

『狂犬』と呼ばれた少女……尻尾が生える。

  • ★★★ Excellent!!!

学校中、いや学校の外にも轟かす『狂犬』という勇名をもつ少女。
正義感にあふれ、自身の正義に反する者にはそれが誰であっても鉄拳制裁を加える。


その少女が、ある日気が付くと、体に異変が……。


彼女のまっすぐな、いや、まっすぐすぎてしまう気持ちは時には誰かを傷つけてしまうこともある。けれど、そのまっすぐさで誰かの支えになることも……。

『クズ』と名付けられた存在との軽妙な掛け合いも楽しく、読み終わったあと爽やかな読後感に包まれました。
人を想う気持ちって良いものだな、そんな気持ちにさせられる作品です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

飛野猶さんの他のおすすめレビュー 399