エア・ウォーカー

作者 森田

想いの重さは命を越える

  • ★★ Very Good!!

災害というのは無慈悲で、無意味に人をさらっていく。抗いようのなう理不尽というのは時に在る。それでもなお、逃避ではなく立ち向かうことを、空を飛ぶことを選んだ人たちがいた。
降りかかる理不尽に相対する術がなかったとしても、全ての行動が何の意味も残せなかったとしても。
抱かれた思い、その行いの価値が穢されることはないのだと信じたくなる。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

よいどめさんの他のおすすめレビュー 16