未来桃太郎

作者 時流話説

「未知なる人間界」を彷徨う鬼たちの探検。緊張感溢れるSFファンタジー

  • ★★★ Excellent!!!

最新話(23話)まで拝読しました。
現代ファンタジージャンルということになっていますが、物語全体に漂うノリは異世界探索系SF?のようなテイストがある作品ですね。

古い「桃太郎」の御伽噺によって語られてきた伝承を手掛かりにし、それまで魔界に生息していた鬼たちが、異界にあたる1000年後の日本(!)へ乗り込むことになります。
さて、しかしたどり着いた先で彼らが見たものは……
というのが大まかなストーリー。

未知の未来世界の謎を徐々に解明していく感覚には、探検小説的な面白さがギュッと詰まっています。
淡々としたキャラクター(鬼)たちのやり取りも、むしろ緊張感があって良好ですね。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

坂神慶蔵さんの他のおすすめレビュー 288