でも助走をつけて

作者 大澤めぐみ

221

78人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

リツコの章まで読了。
思春期真っ只中の4人の少年少女が繰り広げる物語。主題は恋愛でもあるのだろうけど、廃屋が、音楽が、そして少年少女たちのなんだかんだで作中の表現を借りれば「素性がいい」ところが、上品な香りを醸す。
移ろいゆく青春の時間は愛おしい。
個性的で疾走感のある文章も素敵。
これから青木編を読みます。続きも楽しみ。

★★★ Excellent!!!

思春期独特の自意識を拗らせたリッコが見つけたのは廃屋を巡るという謎の趣味。無事に高校デビューを果たしても彼女の内面までは変わることはなく、休日にはクソダサ三つ編みメガネに戻って廃屋を巡る日々。

そんな彼女の前に廃屋巡りを理解してくれる同級生の男の子が現れ、そして次第に距離を縮め――恋に落ちていく。
しかし、彼こと北島功が付き合ったのはリッコではなく、友達の唯。リッコは二人の恋愛を応援する立場。二人の関係は、そして三人の恋模様は少しずつおかしくなっていく。

文章は独特のリズムとグルーブ感に満ちていて、そしてものすごい文圧で読者の脳をガツンと揺らしてくる。特に物語後半の畳みかけるような勢いは半端なく、まさに渾身の右ストレートが僕の顔面ど真ん中をぶち抜いてくれた。

この清々しく爽快なラストシーンをぜひとも多くの人に読んでもらいたい――そして吹きだすように笑ってほしい。

第二章のマグマは一転して男の子の自意識を扱っており、こちらの読みごたえもハンパない。全四章を予定しているとのことなので、続きを待ちたいと思う。

★★★ Excellent!!!

鬱々とした思春期の、重苦しいもやもやとした感受性を、軽妙な語り口と、切れ味のいいストーリーで表現した快作。

ラブコメですが、これを読んで思ったのは、思春期小説だな、と。大人になる前の不安定な時期、自己を確立するまでの葛藤を表現した作品。

でも、そんなことより、素直に読んで面白かった! ニヤニヤしちゃうような文章表現。隅から隅まで面白い。最初のさわりだけでも、読んでみてください。ハマりますよ!

★★★ Excellent!!!

ああ、なんかすごくいい話だ──。

最終話を読み終えて一番初めに出てきた感想がこれです。

前半は、周りに期待される自己像を演じているのか本当の自分なのかわからなくなりながらも周りに合わせている委員長リツコの話。
後半は委員長の元同級生の友人でドラムをやっているハジメの話。
高校一年生の彼らはまさに思春期の真っ只中で、自分のうちにそれぞれギリギリのところで抑えて溜めている何かがあって、ともすれば噴き出してしまいそうなそれを抱えながら、高校一年生らしい日常を演じるかのように送っている。
そんな日常で人と関わりながら、人と向き合い、自分と向き合う中で押し上がる、大人への階段という名のステージ。
彼らがそのステージを一段押し上げる瞬間を鋭利に鮮烈に切り取った物語がそこにありました。

妙に理屈っぽくも軽妙に、息継ぎなく語る独特の長文も、息継ぎのままならない彼らの内側を絶妙に表しているように感じます。

助走をつけた委員長、これから芽吹く大地を固めた青木君。
彼らのエネルギッシュで清々しい青春に胸を打たれる素晴らしい作品でした。

★★★ Excellent!!!

自意識こじらせ系KUSO男子なので第二章とでも言うべきマグマからがすごいハマってしまいましたね。
それまでは自意識高めた女子への32%くらいの理解であ~それな~ってノリで読んでいたのがあああああああ!! それなああああああああ!!って多少うざいくらいの感じになってもうだめでしたね。
こじらせ系KUSO男子なので本当にレビューとしてひどいものになっていることは自覚しているんですがこじらせ系KUSO男子の本懐を遂げるべく、このまま「同じこじらせ系KUSO男子なら分かるよなー」って雑なレビューで済ませちゃいますよ。
おそらくこのひとこと紹介だと何を言っているんだか分からなかったりこじらせ系KUSO男子ってなんだよ痛々しいなとか思ってたりそもそも見もせずに通り過ぎられたりするんだろうけどそれでもそれでも言いたいので好き勝手に書きました。
大澤さんもっとこういう感じのサブカル男子書いてくれねえかな……。

★★★ Excellent!!!

これはどう展開するんだ……?って思いながら読み進めた瞬間に現われた怒涛の展開。風船が爆ぜるように、水滴が割れるように、あるいは爆弾のスイッチが入ったような展開に小説を読んでいる自分の頭も爆ぜて飛んでしまったような……。そんな展開の奔流に洗われたように最後に残ったのはスッキリとした清々しさ。

いい気分で読み終えることができ、とても楽しむことができました!

★★★ Excellent!!!

一般的なラブコメが踏んでいく罠を見事に、ぶち抜いて言ったなと思わずにはいられませんでした。
言葉の扱い方も、硬いの柔いの織り交ぜて、読んでいて苦に感じるどころか詩が染み込んでくるようなものを感じました。

痛快でした。終盤仮に持たせていた含み全て、ぶっ飛ばしたあたりが特に。