アヤカシ記者、蒸気都市ヲ行ク。

作者 黄鱗きいろ

239

85人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★★ Excellent!!!

――

口コミで伝えたい面白さ。
なんて伝えようか迷い惑う空回り具合を見てもらえば、逆に「これはそれほどに面白いらしいぞ」と伝わるのではと、足りない頭で考えてしまうほどに、ストレートに面白い。
キャラクターの誰もが魅力的で、そしてひとつずつ、大変な秘密を抱えているのであろうことは読まずとも前提として判っているのだけれど、これを明かす場面のどれもが実に見せ場!見せ場!見せ場なのですよ!
断然、胸を張って推薦したい物語!
レビューはここまでで十分。
さあ、誰に話そうか。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

 随分前に一気に読み終えていたのに報告が遅れましたが、とても面白かったです……!
 主人公であるあおいちゃんはもちろん、どの登場人物たちも立っていて、誰一人埋もれてしまうことはなく。それぞれの人たちの思い、考え、そういったものが生き生きと伝わってきました。
 アヤカシたちも個性的で、それぞれに愛おしい点があり、時折切なさも感じるなどして……。
 描写が巧みで、自分も皆と一緒に蒸気都市を歩き回っているかのような気分になりました。わくわくしながら、次はどうなるのだろう? と読み進めているうちに、あっという間に終わっていました……。素晴らしい、その一言に尽きると思います!
 個人的にはシュテンちゃんと犬村さんの関係性がとっても好きです!!
 このお話だけでも大満足でしたが、続編があるとのことでしたら、とても楽しみです。
 最後になりますが、とても有意義な時間をくれる作品をありがとうございました!

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

遅ればせながら読了致しました。

最初から最後まで厚みがありながら飽きの来ない話で最高に楽しませて頂きました。

奇々怪々な事件を解決する鍵は、アヤカシの力か、人の知恵か。ストンと収まる答え合わせには毎回ワクワクしました。
そして何より、信頼なのか依存なのか執着なのかはたまた愛着なのか。不格好で不器用な絆で繋がった愛すべき登場人物たちが魅力的です。彼らの「秘密」にも注目でした。

言葉のセンスが本当に素敵だなあ、と改めて感じました。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

落ち着いて話を聞いてくれ。
一度しか言わない。

この話には、面倒見がいい記者のおっさんと、元気な記者見習いの女の子と、無口でミステリアスな(本当にミステリアス)青年と、そしてぶっきらぼうながら愛嬌のある憲兵の青年が出てくる。
忘れちゃいけない、もちろんキュートなアヤカシもだ。

まだある。
語り口がなにより軽快で、胃もたれも胸焼けもしないんだ。
うまい茶漬けのようにさらさらっと読める。
この分量で…と尻込みしているならまず一話を読むべきだ。気づけば最終話をあなたは笑顔で迎えているはずなのだから。
読んで。

ちなみに推しはシュテンちゃんです。

★★★ Excellent!!!

――

語り手のあおいちゃんはただ物語の語り部であるのにとどまりません。
その語り口は彼女の性格と気の利いたウィットに富んでいて読んでいて面白いのです。
キャラクターが生きている作品だと思います。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

 身長が高くものぐさでも面倒見のよい記者、裏島正雄。
 彼の事務所に入り浸る、よく言えば快活、悪く言えば計算高い押しかけ助手の女学生薮内あおい。作中の語り部として主だって彼女の視点で話は進みます。
 二人のところに飛び込んでくる依頼はアヤカシ絡み。
 来歴の旧い猫又や雷獣など、和モノになじみがない方も見覚えがあるはず。

 舞台は電機ではなく蒸気機関が発達した大正二十五年の帝都。
 レトロフューチャーの代名詞ともいえるスチームパンクとアヤカシの混交によって懐かしくも新しい独自世界を構築しています。
 裏島と憲兵犬村。それに手伝いの酒口一助。妖しい美少女シュテンとの掛け合いも楽しいレトロモダンなミステリ作品。

 本編を読み終えた方、一話二分ほどで読めるSS集もどうぞ。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

 時は蒸気文明の発展した大正。アヤカシ達が人間社会でひっそりと暮らしている。
 文明の発展と共に人々はアヤカシの存在をゆっくりと現実から切り離して行く。

 そんな中で、アヤカシ達との関係を密にする者達も存在する。
 アヤカシ記者と名乗る新聞記者、彼の助手の書生、女学生。さらに憲兵の青年。
 彼らの周りで起こるアヤカシがらみの騒動は、時にはほのぼのと、時には深刻に、物語に引き込んでくれます。ミステリーにカテゴライズされてもいいほどに、謎がちりばめられた事件に心踊らされます。

 しっかりと練られた世界観と、作者の愛をたっぷりと注がれた登場人物(アヤカシ)達が、読みやすい文章でつづられていて、ついつい時を忘れて読みふけりました。
 ぜひ、彼らの物語を読んでいただきたい。
 存在を忘れられると消えてしまうアヤカシ達が、消えてしまわないように。

さんがに★で称えました

★★ Very Good!!

――

作品を開いては「うわっ」と面食らって閉じてしまう中、本作品は読みやすい。
台詞に間隔があるからとか、そういう小手先ではなく、文章が読みやすい。
あと、すぐに世界観と主人公を紹介しているのも良い。

私も読みやすい文章を心がけてます。お互い精進していきましょう。

★★★ Excellent!!!

――

大正×妖怪×スチームパンクという濃い世界を描きつつも、とても読みやすい作品です!
『事件記者トトコ!』のイメージで読ませていただきました!

世界観もさることながら、キャラクターが魅力的です。
新聞記者、女学生、憲兵さん。レトロな雰囲気の中、柔らかなキャラクターたちが事件を解決していきます。

世界観、キャラクターだけでなく、シナリオも秀逸でした。
トリックにはアヤカシや科学技術がきちんと組み込まれ、説得力抜群です。
文体も固すぎず柔すぎず、大正の雰囲気を出しながらも読みやすかったです。
気が付いたら第一話を読み終えていました。

これから第二話を読もうと思います!
コンテスト、応援しております!

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

アヤカシ記者に女学生、書生や憲兵という、魅力的で個性あふれる登場人物たちが、蒸気都市東京を舞台に、妖怪たちがおこしたさまざまな事件と向きあいます。
ヒロインあおいさんのかわいらしい語り口調でほほえましく読みすすめるうちに、いつの間にか物語に引きこまれ、次第に苛烈になる事件に息をのみ、クライマックスをむかえて、そして終わりをむかえていました。

本編の最後で裏島さんの目的があかされたときに、なんともやさしい気持ちになります。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

大正という時代背景ながらも新しさも感じられ、不思議と自然な流れに引き込まれてしまいましたね。
昭和初期の名作を読んでいる様な、どこか懐かしい気分にさせてくれるノスタルジックでミステリアスな作品。
私もこの手の話が好きなので、もっと読んでみたいという思いです。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

ミステリー要素が色濃く、様々な魅力がオードブルのように盛り込まれている。
それらの魅力は互いをミスマッチさせることなく、互いをさらにひきたたせており、作品をより素晴らしいものへと昇華している。

文体は堅苦しいものではなく、比較的読みやすかった。
以前から少し読んでおり、さくさく第一話を読み終えて、ふう、とひと区切り。

レトロな世界の話なのに、この現代においてなお、生き生きしている。
これには作者である黄鱗きいろさんの高い執筆能力の現れなのかもしれない。いやはや脱帽です。

毎日連載されているということなので、頑張って最新話に追いつけるように読み進めていきます!