『♂♀探偵 本宮忍の事件ファイル』

作者 月花

129

47人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

既に旧作の部類に入るかもしれませんが、あらすじやレビューに大いに興味を惹かれ、遅蒔きながら拝読いたしました。

キャラクターものでありながら、ミステリ部分がとてもしっかりしているので、どちらかに嗜好が偏っていてもすんなり入り込めるのが素晴らしい。
全部で四つの事件が扱われ、いずれもバラエティに富んだ興味深い内容ですが、白眉はやはり鬼無島でしょうか。
伝説に絡め取られた孤島……血塗られた因果に切り込むは未曾有のトランスジェンダー探偵! 金田一だかなんだが知らないけど、さっさと事件解決するわよ! オネエの名にかけて!

魅力的なキャラに、きっちり組み込まれたミステリ要素。硬派なミステリ読みにもオススメです。

★★★ Excellent!!!

第一話でしっかりと心を鷲掴みにされました。
遅咲きのオネエ!

一人称で物凄く読みやすく、それでいてちゃんとミステリーをやっていて、その上しっかりコメディをぶち込んで来る!

思わず同僚にも勧めて広めてしまう面白さ!

事件そのものの推理させる展開も、
主人公とオネエの関係も! もどかしいぐらいのすれ違いと言うか一方通行具合とか、個人的には堪らなく面白い!

一旦書き終わっているようですが、是非続きが読みたい作品です。

★★★ Excellent!!!

キャラミステリの基本は、ホームズの時代にすでに確立されている。個性的な名探偵と常識人の語り手が絡んで様々な事件を解決する――と。つまり探偵役のキャラ立ちが重要。

近年のライトミステリでは、ただ奇想天外な探偵役ではダメ。奇人変人探偵では、古すぎる。現代日本の読者層に共感を持ってもらえるキャラ造形が重要になる。

本作はそこがオネエ探偵という。男も女も感じさせないオネエキャラは嫌われにくいので、バラエティでも普通に愛されている。まさにライトミステリ向き。いいとこ目をつけたなと。

繰り出される事件群も、最初の他愛ないものから次第にミステリ味が強まる構成。要は「キャラにつられて読み始めた」初級者を、うまくミステリ泥沼wに引きずり込む策士の構え。

個人的には、毎回事件解決後、語り手の女の子をうまく救ってあげる優しいエピソードが好き。それはオネエ探偵の優しさであると同時に、作者のキャラ愛なわけです。

★★★ Excellent!!!

 遅咲きのオネェの本宮くん。突如リストラされた梨央ちゃん。二人の関係は、昔は同じ高校の先輩後輩。今は探偵と、その助手。
港町に事務所を構え、ストーカー、クルーズ客船、離島の因習、結婚を舞台に起きる事件の数々を、鋭く、コミカルの果てに華麗に解決してくれます。

 有名な港町だけに、食事風景、街並みの表現が鮮やかで、足を運んでみたくなる事うけあいです。
行った先で、本宮くんと梨央ちゃんを探してしまいそうな気分に誘われます。

 完結ではなく、あくまでも一部完結。との事ですので再開を待ちわびている愛読者の一人でございます。
皆様も、焦れったい二人の関係性とミステリー、美しい街並みを楽しんでみませんか?

★★★ Excellent!!!

「面白い」と月並みな言葉で言うのは容易いが、この作品には読めば読むほど没頭していくような魅力がある。
それは無理矢理言葉に収めるとすれば「楽しい」のである。
登場人物達の心の動きや、それを取り巻く事態の機微が絶妙に絡み合っている。一話ずつ読みきった時の爽快感とも言うべきだろうか。
是非とも読んで、この作品を楽しんで欲しいと思う。

★★★ Excellent!!!

本宮君の設定が非常にユニークな探偵物語☆

事件簿なので、複数の事件を1つ1つ完結させての展開だけに、まだまだ伸びしろが十分な一作です。
今後に向けて、各キャストの過去の掘り下げと新たな難事件を絡めながら、もっと続編を出していただければ嬉しい☆

そんな期待を込めて「★3つ」です♪

★★★ Excellent!!!

探偵とその助手がいろいろな事件を解決していく。
という通常の性別ならありがちなお話なのですが、これはまずオネエ探偵というところからぶっ飛んでいました。
最初から引き込まれるキャラクターで、さらに事件解決のあとの小話もまた面白いと思います。
主人公の助手にもちょっとしたご褒美もきちんとあるし、胸キュン要素がたくさんです。

ミステリーが苦手という人でもお手軽に読めるうえ、舞台の神戸の雰囲気もきっちり堪能できます。

★★★ Excellent!!!

オネエ探偵本宮くんは本当にオネエなのか?

桜井さんの想いは届くのか?

所々に描写される本宮くんの謎、事件の謎より本宮くんの謎が知りたい!

そう思わせる演出が最高に上手です。

本宮くんはオネエになりたくてなったんじゃない、多分そうなんだろうなあ、理由を考え出すとキリがありません。

二人の続きが気になります、写真の女性も気になります、気になることばかりですが、次回作をお願い致します。

★★★ Excellent!!!

ミステリーでありながら、かなり読みやすい作品です。

これは、オネェである本宮くんのキャラももちろんですが、彼――彼女?に一喜一憂するように反応を示す、主人公の桜井さんの魅力だと思いました。
彼女視点で語られる言葉が、彼女の性格が、物語を明るくしているのです。
言わずもがなですが、オネェの本宮くん一人では、ここまでライトな小説にはならなかったでしょう。


そして、物語の主軸であるミステリーですが……
一つ一つの事件が良くできており、ミステリー小説の醍醐味である、犯人を予想するという楽しさも、しっかりと有しています。
少しずつ明かされていく、事件の情報の出し方が上手いのです。

しかも、もう一度言いますが、桜井さんの語りによって、文章が読みやすい為、事件の原因や内容、人物間の関係もちゃんと理解できます。(本宮くんの説明が上手いからでもありますが)
あれ?なんでそうなるんだっけ?というのがほぼありません。

もうレビューっていうか、ただ桜井さんの魅力を語っているだけな気がしますが……ホントに面白い小説です。

ぜひ、一読してみてください。

★★★ Excellent!!!

(2017/02/15 再編集)
本宮くん、ずるいです!
イケメンで、推理が冴えていて、良いキャラクターをしていて、桜井さんとの掛け合いも絶妙で……いいとこ取りじゃないですか!

ミステリーもさることながら、桜井さん視点の文章は読みやすく、一人称視点でこれだけ書くことができる作者様の力量が素晴らしいです。
また、兵庫県の雰囲気が素敵です。内陸で育った身としては、海が見える町が一種の異世界のようで、楽しませて頂きました。

もしも、続編やスピンオフがあったら、読んでみたいなと思いました。
素敵な作品をありがとうございました。

★★★ Excellent!!!

就活中に怪しい広告を見つけ、
その広告に書かれていた住所へと向かう『私』。
そこで出会ったのはまさかの…。

中山手辺りだろうか、そう言えばミヤ○トって名前の料理屋があったっけ…などと表題に似た名称を思い浮かべながら読み進め、いつしか物語に惹き込まれて行きました。

私は常時10~20作を順番に読んでいるので読破まで時間がかかり、そんなスタンスなので中には途中で読み止める作品も多々あります。しかし本作は他の作品を読んでいても気になって仕方がなく、早く続きを読みたい、でも他のも読まないと、でもいやしかし…と、私を良い意味で悩ませてくれた傑作でした。

高い筆力と圧倒的な軽快さで10万文字の長編を最後まで飽きさせることなく楽しめます。
詳しく書くと皆さんの楽しみを奪ってしまうので書きませんが、とにかく読んでみて下さい。『これTVドラマより面白いじゃん』と思うこと請け合いです。

こんな面白い作品をweb投稿してくれた作者様に感謝。
そしてこの作品に出会わせてくれたカクヨムにも感謝。

★★★ Excellent!!!

私が相棒をつとめている本宮君は、ホント、忍びならぬ忍なんだから。

困ったオネエだけど、推理力も行動力もあるのよね。

下手したら、下手しなくてもだけど、私より女らしいわ。

悔しい。

私がどじって溢したお茶が、ああなるなんて、思わなかったわ。

本宮君の勝ちでいいわよ。

難しくない楽しめる推理でしょう。

皆、読んでね。

ぺこり。

★★★ Excellent!!!

最新第43話までのレビューです。
イケメンだけどどういう訳だかオネエになってた先輩「本宮」、ひそかに彼に憧れていた男勝りの助手「桜井さん」が再会し、探偵として事件を解決していくミステリー小説です。
とにかくキャラクターが強烈に印象的なこの物語、オネエとなった残念な本宮が見せる数々のシーン、それに失望する桜井のがっかり感が、コメディーテーストたっぷりに物語を彩ります。もうこれだけでも十分笑えて面白いのですが、物語はあくまでミステリー、本宮のかっこいい見せ場も豊富に用意されています。
そして本宮が輝けば輝くほど、なんだかがっかり感や残念感が増していき、コメディーの強力なモーターになっていく様がすごいんです。でも二人の関係はそれだけでなく、ちょっとロマンスの風味があったり、信頼があったりで、とても心地のいい関係になっています。
もちろん本編のミステリー要素も面白く、軽快な文章で次々に読んでいけます。
本当に面白い作品です!ぜひ読んでみてください!

★★★ Excellent!!!

ミステリーといえば、トリックを凝るとなかなか小説では分かりずらいのですが、この作品はあまり難易度が高くないため読みながら一緒に謎解きが出来て楽しいです。
そしてなによりオネェ✖探偵というありそうでなかったのが、良いですね!
ぜひいろんな方に読んでいただきたい作品です。

★★★ Excellent!!!

ドラマのようなバランスの取れた空気感が非常に読みやすいです。
文章やストーリー展開も安定しており、一般に堅苦しく難解なイメージのある探偵ものとは異なり、常にポジティブな明るさが感じられます。
広くライト層におすすめできる作品です。

本宮君も桜井さんも魅力的で、そして何より個性的。
二人の掛け合いやその関係が物語を押し進める原動力となり、気づけば話に引き込まれています。

本宮君は今までにないタイプの探偵・ヒーロー像。
従来の価値観を一新する頼れるイケメンオネエです。オネエですがやはり恰好いいです。
桜井さんは探偵助手にピッタリの女性ですね。
ヒロインとしても視点人物としても魅力的で、割とざっくりしている部分が個人的に好みです。

そんな二人が織り成す探偵物語。
第一の事件が無事解決したところですが、どうやら探偵事務所に平穏は無縁のよう。
続きも楽しみにしております。

★★★ Excellent!!!

一つ一つのストーリーがしっかりしていて、謎解き部分もとても本格的なミステリーになっています。
それ以上に魅力的なのが、親しみのもてるキャラ同志の掛け合い!
ミステリーとしてしっかりしているのに、探偵とその助手の笑えるキャラクターのおかげで、重くなりすぎず、とても楽しく読み進めることができます。
文章も安定していて、とても読みやすいです。
それにしても、プロローグでさっそく予想外の展開でした。