わたしの家族を紹介します

作者 RAY

136

49人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

冒頭からなんなんだろう?と引き寄せられました。家族紹介というこの物語に家族愛がぎゅっとつまっていて、読んでいてぼくの家族だったらどうなるかなぁと照らし合わせて読んでしまいました。お父さんの娘への一言、いいなぁと思いました。野球のその場面描写も臨場感たっぷりで目に浮かびました。

★★ Very Good!!

まず、驚いたのが表現力です。紹介の仕方をうまく表現してます。
別の物事になぞらえての紹介は見事としかいいようがないですよ!

また、この作者様はどんどん表現力が増しているような気がします。めきめきと実力が上がっていると感じました。
このままだとプロを越えるでしょう!(どういう事なの……)

私はスポーツに詳しくないので、軽く調べながら拝読しました。
そう、スポーツが苦手でも調べれば良いのです。

つまり、あなたも一読してみては?

★★★ Excellent!!!

家族がチームになって野球をしてる、
面白い発想ですね。
私の父は忙し人でやっぱり夕食は一緒にしたことがほとんどなかったです。
父は若くして亡くなりコミニケーションがないまま別れしまいました。
でも何とか生活に困ることもなかったのは父のお陰だと思っています。
彼女はやっぱりお父さんの背中を見て同じ職業の人を選んでいるのはわかり気がします。
家族の連係プレイが素敵。
我が家も今仲良し家族で嫁も娘のようだし
息子たちもよくしてくれるし
私の家族を紹介しますと言えます。

★★★ Excellent!!!

野球のポジションになぞらえた、一風変わった家族紹介。

でも私はこの物語、主人公である彼女の最初の一言に、全てが集約されている、そんな気がするのです。
九回ツーアウト、リードはたったの一点、状況は物凄いピンチだけど、察するに、投球数は百球越えて間もなそう。
つまりは今まで、素晴らしい好投を見せていたと言うことです。

彼女の人生が順風満帆であったと、それはバックを守る家族の存在が大きかったと、そしてやはり、ここぞというときには頼りになる父のお陰であった、と。

最期はホロリ。
読後はほっこり。

ほんと、実に言い得て妙!

★★★ Excellent!!!

野球を見ない私には野球用語はチョッピリ難しかった。笑
多くの女の子が父親みたいな人を何となく選んでしまうのは
良く分かるような気がする。
かなりの数の男性と付き合ってもやはり父親と比べてしまう。
今までの作風と少々変ってナルホドなるほど~って感じで
楽しく読ませて頂きました。

★★★ Excellent!!!

家族を野球に例えたほっこりとする短編…
普通ではあればここどまりでしょう。しかしそれはこの変化球を得意とする投手が許しません。なにか正当な方向へ進みそうになる物語が気付けばすっかりずれています。しかしこのズレが何とも心地よく、それこそがこの短編の持ち味となっています。
この短編も長い試合の一瞬を見事に切り取っています。それだからこそ、このレビューも長々と書くべきものではないのです。が、書いてしまいました。
これを読んでないで、早く本編を読んでください。

★★★ Excellent!!!

今回もRAYワールド炸裂の素敵な掌編ですね(*^^*)
9回裏ツーアウト、一打サヨナラの大ピンチの中の緊迫した場面を臨場感たっぷりに描き、読者をすっかり惹き込んだところからの変化球!
そして締めのひとひねりも健在です☆
今回もしてやられたーと思いつつ、読後にはぽかぽかと心が温まるような余韻が残る素敵な魔法をかけてもらいました。

★★★ Excellent!!!

まさしく変化球そのものの物語。だけど、なんて温かいお話なんでしょ!
家族それぞれの例えが抜群で、思わず途中で手に汗を握らせる描写が絶妙なんです。

家族って、きっとこんな感じなんですね。ラストシーンには思わずうっすらと涙ぐんでしまいました。

こんな変化球ならいくらでも拝読したいものです。万人にお奨めいたします。