だから僕は、今日も小説が書けない。

作者 青我

書けぬものは、書けぬのです。

  • ★★★ Excellent!!!

壮大に描かれる怠惰な日常。情熱的な言い訳。無駄にポジティブな自己弁護。どれもこれもが自分にも当てはまる。わかる!わかるぞ!その気持ち!書くということは苦行であり、山登りのようでもあるのだ!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

巧妙な語り口から最初はよく分からない作者の行動。

順を追っていき最後に真実へと辿り着いたときには、読者は見事なまでに床へと顔面スライディングを果たすことでしょう。

ただのエッセイと侮るなかれ。周… 続きを読む

小丘真知さんの他のおすすめレビュー 22