だから僕は、今日も小説が書けない。

作者 青我

一種のあるあるネタ。しかし蓋を開けてみれば……

  • ★★★ Excellent!!!

巧妙な語り口から最初はよく分からない作者の行動。

順を追っていき最後に真実へと辿り着いたときには、読者は見事なまでに床へと顔面スライディングを果たすことでしょう。

ただのエッセイと侮るなかれ。周りに人がいない場所で御一読ください。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

《伝説の幽霊作家倶楽部会員》とみふぅさんの他のおすすめレビュー 192