今ここにいない友よ

作者 結城藍人ケイドウエイ

119

43人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

戻ってきてほしいなー。。。
あの人もこの人も。
傷つくくらいなら、ちょっと距離おいて気が向いた頃ふらーっと戻ってくりゃいいのに。


完璧めざすなよ。。。。あぁ。戻っておくれよ。○○さん… 

そんな過去を吊られて思ってしまう、作品でした。
友よー。

そして、おちで楽しく笑う作品

★★★ Excellent!!!

改めて、カクヨムの進化についてほへーとなりました。ほんにいろいろ実装されたよなぁ……他サイトとの並行利用を始めて、ようやく知った足りないところ(バックアップ)とかもフォローされましたしね。あとは挿絵機能もくれって言いたいところですが、これは雰囲気をぶち壊しちゃうかなぁ。

いや、ほんにカクヨムはもともと居心地のいいサイトでしたが、より居心地が良くなってくれている気がします。ありがたいことですし、それを思い出させてもらえたこの作品にも感謝。

ご友人については…

結城さんだから虚実については油断できないよなぁw

★★★ Excellent!!!

とある有名漫画にこのような台詞がある。

『人は、いつ死ぬと思う……?』

それに対する答えは、こうだ。

『……人に、忘れられた時さ……!!!』


この場所が、いつか多くの人々にとっての良き場所になることを夢見た。

カクヨムを愛し、決して折れることなく駆け抜けたそんなかつての友は、もう傍にいない。

だけど、彼を想う存在は、決して彼を忘れていない。

彼は死なない。決して死なない。

だってこんなにも、彼を想ってくれる、優しい世界がここにあるのだから。

そんな彼に、私も言おう。声を大にして、ただ叫ぼう。

――友よ。とっとと帰ってこいやぁ!!

★★★ Excellent!!!

私は後から参加したユーザーなので大したことは言えません。ですが、古参のユーザーさんのおかげで今の「カクヨム」があるのは理解しているつもりです。
今いる人もいない人も、もちろん運営さんも、「カクヨム」には欠かすことのできない存在なのです。
この作品を読んでそんなふうに思いました。
「カクヨム」三周年おめでとうございます。
そして、この作品に書かれている方がこちらに戻られることを切に願います。
お会いしたことがないのにこんなこと書いてすみません……って、この作品フィクションでしたね(笑)。