カクヨムバトラーKACIO(King of AI Character Identification Operation)

作者 ハイロック

130

50人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ヤラレマシタ。
読むんじゃなかった。
こんなの魅せられたら、ハードルが上がりすぎますw
読み専の方? すぐ、読みましょう!!

出がかりからして、ネタを変化球で投げてきます。私、これで否応なくワクワクしましたよ!いきなりツボです。

伏線も綺麗にはまって、ボス戦も納得の勝負。
今回のお題もすべて鮮やかにはめ込んで、落とし方も私好みでした!

短編としても冗長なところも殆ど感じず、展開も必要なところをバシッと決めています。

もう!こんな作品を、そんな短時間でリリースされると困るんですよね!ww

★★★ Excellent!!!

 娯楽作品として現代に存在可能であり、現代でしか生まれ得ず、未来に渡って楽しまれ愛される熱作。登場人物(厳密には『人物』かどうか議論が必要な存在もある)全てに本作でなければならない必然性があり、それが作中の駆け引きとエネルギーを互いに交換し合って恐るべき無限大のパワーを放出する。
 その元素は言葉であり、分子は文章だ!
 詳細本作。