竜眼(りゅうがん)

作者 和久井 透夏

子は親の楯

  • ★★★ Excellent!!!

読んでいる途中で唾液が出てきました。受け継がれる味を大切にしていきたいと思わせてくれる素晴らしい作品です。それが、昔から伝えてきた人たちの生きた証になるのだと思います。

ぜひともご一読ください。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

柳の人さんの他のおすすめレビュー 164