僕と君

作者 六月雨音

ただただ、自分と重ねて

  • ★★★ Excellent!!!

父親の一人称で綴られる、君(娘)と君(娘)への想いと思い出。

自分が近い境遇にいるので、過去と現在と未来に重ねて読みました。
柔らかい文章が心に沁みます。
15センチの使い方も自然でほっこり。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

六畳のえるさんの他のおすすめレビュー 219