銀の蛇

作者 aoiaoi

74

30人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

読んでいて透明感を感じました。
「何故、自分は透明感を感じたのだろう?」と不思議になって読み直したのですが、サッパリ分かりません。文章は綺麗だけれど、それが秘訣とも思えない。頻繁に空行を空けているけれど、それは読み易さには繋がっていても、透明感とは無関係に思う。キャラかなあ? でも、昔話に定番のキャラに過ぎない気がする。
何とも不思議です。
短編にはMAX2つが信条ですが、私の琴線に触れたので、星3つ付けました。
ところで、唐突ですが、私はタイトルの「蛇」を「匙」と勘違いしてました。読めども読めどもスプーンは出てきません。当たり前です。馬鹿だなぁ。自分の耄碌した脳味噌に愛想が尽きました。

閲覧者の皆さんへ)
作者の別作「ほんとの春」シリーズ三部作もお薦めです。本作品とは趣きが全く違いますが...。

★★★ Excellent!!!

柔らかく流麗な文章が、作品の持つ妖艶さとよく合っていました。
特に終盤の視覚のみならず聴覚にも訴えかける描写は、目に浮かぶようで美しかったです。
そういった文章、描写の美しさが、仄哀しさという作品のハートをしっかりと表現している、良い作品でした。

★★★ Excellent!!!

モノトーンの背景に浮ぶ淡く輝く銀色。

決して派手ではなく、決して奇をてらっている物語ではありません。
静寂に包まれた空間、遠慮気味に吹いた一片の風が軒先につるした風鈴を撫でるように鳴らす。
そんな雰囲気が感じられます。

登場するすべての人物を愛しむように描かれた怪談。
ノスタルジーに包まれた儚い物語ゆえに、何度でも読みたいと思わせてくれます。

心が疲れているなら、ぜひお読みください。

★★ Very Good!!

怖さだけがホラーじゃない。
妻を深く愛する夫。男を深く愛する女。
二人は運命の悪戯か、巡り合い、相対する。
女は姿を変える。夫は綺麗な風景を楽しむ余裕もない程、急ぐ。

様々な形の愛情が入り乱れ、その先にあるものは……。
すいません。どう言い表せばよいのか分からないです。
ただ言える事は愛情の詰まった作品。そう感じました。

★★★ Excellent!!!

何故走るのか、何故危険を冒すのか。何故恨むのか、何故殺すのか。
男の行動も女の行動も理解は難しい。なぜなら理論で説明ができない愛がそこにあるから。
最初から最後までただ一つ、純粋すぎる【愛】が存在していた。

【だからこその物語】

愛は深ければ深いほどに素晴らしく、またその裏に潜んだ狂気もまた、美しいものですね。

★★★ Excellent!!!

昔話のよいところは、世界がとてもシンプルなところだと思います。
現代社会のように複雑な世界で何かを語るには、そこを解きほぐすことから始めなければなりません。
そういった意味において、この物語の形式として昔話を採ったことは、必然であると感じました。

この物語で描かれているものは、一見すると他愛のないものに映るかもしれません。
ただ、それはこの物語でなければ描けなかったものであるということに、大きな価値があるのではないかと思いました。

ホラーというジャンルでちょっと敬遠してしまっている方は、どうぞ安心してお楽しみくださいと、最後につけ加えさせて頂きます!