Good Luck

作者 RAY

親指立てて言われた日には、キッと睨んでしまいますぜ!

  • ★★★ Excellent!!!

H・G・ウエルズの「透明人間」は古典ではありますが、いまだに読まれ、何度も映画化になっております。
透明になることによって、普段は行えない背徳的な行為でさえも堂々とできるようになった。だが、その代償は大きい。

この物語の主人公も、ほくそ笑みながら自由にやりたいことをやっちゃうのですが、もちろん絶望的な代償が待ち構えておりました。

それはもちろんこの物語を読んでいただかないと、わかりません。
ヒントは……言えません。
私をくどくお暇がおありでしたら、お読みになってください。
お金を積まれたって……もう少し上乗せしてくださるのなら……いえ、絶対言いません!

タイトルの意味はお読みくだされば「なるほど!」と、合点がいきます。はい、お読みくださるように私は煽っております。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

高尾つばきさんの他のおすすめレビュー 358