Good Luck

作者 RAY

114

46人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

H・G・ウエルズの「透明人間」は古典ではありますが、いまだに読まれ、何度も映画化になっております。
透明になることによって、普段は行えない背徳的な行為でさえも堂々とできるようになった。だが、その代償は大きい。

この物語の主人公も、ほくそ笑みながら自由にやりたいことをやっちゃうのですが、もちろん絶望的な代償が待ち構えておりました。

それはもちろんこの物語を読んでいただかないと、わかりません。
ヒントは……言えません。
私をくどくお暇がおありでしたら、お読みになってください。
お金を積まれたって……もう少し上乗せしてくださるのなら……いえ、絶対言いません!

タイトルの意味はお読みくだされば「なるほど!」と、合点がいきます。はい、お読みくださるように私は煽っております。

★★ Very Good!!

多くの人が一度は自由にできたらいいなと思うだろう、幽体離脱。
それを使いこなせていく過程はワクワクして読み進めました。
楽しい幽体離脱だけれど油断してはいけません。
「あちゃー」と頭を抱えたくなるような大変なオチが……。
これ、ホントにここからどうするんだろう。もう少し続きを見たい気もしますが、想像してみるのもまた面白いかもしれません。

★★ Very Good!!

 オチ的には決して目新しくは無い。
 だが、そこに持って行くまでの流れが秀逸でした。
 余計な贅肉をそぎ落とした文、そこに舞い上がる主人公が突き落とされる様と、最後の一文。
 その流れは『笑うセールスマン』や『世にも奇妙な』に通じる、ブラックとダークが巧妙に融合した世界観を味わわされた感じです。

 面白かったです。

★★★ Excellent!!!

ストーリーの展開が想定外の方向に進みワクワクしながら読んでるあいだに次回へ続く~みたいな終わり方!
どうしてこんな面白い事が思いつくのか?そんな想いが頭の
中を駈けめぐりました。

読者に続きを考えさせる=記憶に残る楽しい作品ですね。