空の標石

作者 依田一馬

飛行士と羅針盤、ふたりでひとつ。

  • ★★★ Excellent!!!

空飛ぶ男たちの友情とロマンが感じられる、爽やかないい雰囲気の作品です。
羅針盤の役割を人がするという発想が特に新鮮でいいなと思います。
完結されていますが、この設定や世界観、そしてこのふたりの物語をここで終わらせるのはもったいない!
是非続編を読んでみたいと思いました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

ほのなえさんの他のおすすめレビュー 3