.PERIOD.

作者 罰点荒巛

かくして、未来は広大で従順な魂の郊外となった。

  • ★★★ Excellent!!!

この作品は、医療技術の進歩がもたらすであろう終末を描いている。
生が特別なものでなくなるとき、死もまた特別なものではなくなる。いつどのように生きたとしても、いつどのように死んだとしても、なんの痛みも、なんの後悔もなく、満ち足りて生きることが約束された社会。
それは、人生を平穏で満ち足りた一本の道にしてくれるだろう。生誕を祝福され、予定された出会いと死別があり、人生の絶頂のなか、自ら選択した満たされた死を迎える。まるで一本の映画のように美しく均整の取れた人生。まさしく、人生はあなた次第(Life's what yon make it)。
それは真の意味でアクシデントのない、退屈な世界であり、まさに魂の郊外と呼べる世界だ。
この作品は、そういう、空虚となってしまった未来を物語っている。

人々にとって空虚となった世界。
それを筆者の詩的で流麗な文体がいっそう美しく装飾する。
一言でいって、一読する価値のある作品だ。
ひとたび読めば、あなたもこの美しい終末の世界の虜となるだろう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

雪星/イルさんの他のおすすめレビュー 99