超すごい男

作者 デッドコピーたこはち

71

26人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

このような評価は不適だとわかった上で書かせてほしい。この小説の存在によって、わかることが一つある。巷を騒がせた超巨大平安京入場ゲート小説は、しかし既存のジャンルに収まるものであるのだと。そしてこの小説は、途方もないものへの憧れと期待と、その風景に触れた時のよろこびを思い出させてくれる。すばらしい一作だ。“文字通りに”受け取ってほしい。この文章も、本文も。

★★★ Excellent!!!

スケールのデカさにひたすら笑いました。考えてみればSFってワイドスクリーン・バロックなんてジャンルもあるくらいだしクソデカ構文と相性バッチリですね
SFだからこそできる極大スケールワイドスクリーン・バロック。でも超すごい男だし仕方がない。シンプルオブ最強な面白さ、オススメです