何故、勇者は壷を漁ってしまうのか?

作者 水底で眠る。

246

88人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

争いがなくなり、平和になって、勇者や騎士が不要になった世界の話。
無職になった勇者は日々壺を漁り、士官できない黒騎士は勇者と同じような無職ライフを送り、戦場に立つことがない白騎士はアイドル活動に精を出す。
だけど、それが理想の姿だと彼らは言う。


格好良いですね。
世界を救うために頑張ってきたのだから、もうちょっと報われても良いんじゃないのかなとは思うんですけども。

★★★ Excellent!!!

傷跡が癒えぬのはインフラや人々の内外面だけではない。
これは、或る英雄の後日談……。

軽快な描写に愉快な比喩、会話の応酬が見事な本作。
その筆力に支えられたキャラクター達が、活き活きと魅力的に描かれています。
メインテーマも良く、ギャグとシリアスのバランス、切り替えも絶妙。
思わず最新分まで読み終えてしまいました。
単なるファンタジーに終わらない魅力に満ち溢れた本作。ネタバレしそうなくらい語りたいので内容についてはあえて言及しません。読んで!!!

★★★ Excellent!!!


 世界はどう変わり、人々はどう変わっていったのか。
ハッピーエンドを迎えたあとの世界に生きる"人々"を丁寧かつ繊細に描いている。
全て終わったあとの世界で、それこそRPGで言ってしまえばもうクリア後の世界。

 この作品に出てくる登場人物すべてに魅力を感じた。
が、この物語において自分に衝撃を与えたのは「その他大勢」の存在があることだ。
キャラクター小説にありがちな、主人公たち以外がいてもいなくても変わらない話とは違う。
「その他大勢」が存在しているからこそ、「主人公たち」が存在する。
一歩違えていれば、その「主人公」たちも「その他大勢」の固有名も与えられない存在だったかもしれない。
この小説からは、世界の奥行きを強く感じることができる。

 コミカルな調子で描かれる一度「終幕」を迎えた世界の人々は、幕が下りたあとでも生き続けている。
じゃあ、ゲームクリアを迎えたRPGの先には一体何があるのだろうか。

>しかし、平和になったお陰で山ほどいた勇者や騎士は仕事にあぶれて無職になってしまった。

 まあ、つまり、そういうわけで。
終わりを迎えた世界はそれなりに問題を抱えているわけで、剣と勇者の世界でも、
勇者は少なくとも生命活動を維持する必要があるわけで、生命活動を維持するには食事が必要なわけで……。
これがこの小説の肉にあたる部分だ。
これが美味いと感じるならばこんなレビューなんて読んでないで、さっさと中身を読み進めるべきだ。

 きっと、この小説はその期待には応えてくれる。その上で、ひとつ読者に問いかけてくれるだろうから。

 これは、ひとつの「勇者論」そのものだと思う。
「勇者」という言葉を読み解き、作者の語る「勇者」像はこうだ、と無言で示してくる。

 ただ一つ間違いなく断言できるのは、
この小説は「勇者のことが好きで好きで仕方ない」作者の手によって書かれているとい… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

 これは、ある勇者によって、一人称で語られる、魔が去り平和が訪れた世界の物語である。勇者の役割が終わりを告げた世界が如何に続いているのかが、登場人物達の生き方によって自然と描かれている。
 語り手である勇者の言葉は時々崩れ、笑いを誘う。登場人物達の軽妙なテンポの会話は、読んでいて飽きることがない。スラスラと読むことができる文章でありつつも、その背景の世界観はしっかりと、しかも説明臭くなく語られる。
 勇者たちが世界を救った後、彼らはどうなるのか――その答えの一つが、世界観的な説得力を以て語られている作品である。

 この作品は、魔と戦い、血風が舞い散る時代を経て、かつて戦場に在った人々が今をどう生きているのか――に焦点を当てている。そうすることによって、かつて戦いに明け暮れた存在がどういうものであったかが、あぶり出しのようにして浮き彫りにしようとしているのだと、私は思った。
 ファンタジーには「勇者」が世界を救うという定型とも言える展開があり、私もそういった物語はとても好みだが、この作品では「勇者」たちが世界を救った後が語られている。
 作中の「勇者」や「騎士」たちの現状は、とても世知辛いものだ。だが、かと言って世間に対して強い恨みや復讐心を抱いているわけでもない。悩みを抱えつつも、彼らは平和に至った世界を生きている。不要な存在とされ、かつての生き方を変えなくてはならなかったとしても。
 そんな世界で、「勇者」や「騎士」という存在がどういうものであるのかが登場人物の言葉や行動で明らかになっていく。「勇者」や「騎士」もその役目を終えた時代の話ではあるけれども、この作品は「勇者」や「騎士」を語ることを目的としているのではないか、と読み進めているうちに思った。

 それを強く感じたのは、『勇者なんてその程度でいい』を読んだときである。
 この世界で、ある種類の「勇者」となるため… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

物語の始めからぐいっと引き込まれてとっても面白かったです。

勇者がインフレして成功者は一握りという世界観が現代の時代性に非常にマッチしているところがこの作品のミソだと思います。

ただ、途中から物語性とかキャラクター性を押し出す辺りから物語の質が変わって来ます。個人的には『勇者なんてその程度でいい』辺りまでの感じがすごい好きなので、「エリートの騎士団も貧困層と同じくらい結構苦労してんだなぁ」くらいな感じの短編くらいで留めて欲しかったような気もしました。

今後の展開に期待しております!

★★★ Excellent!!!

丁寧に作りこまれた世界観――乱世を終えた人々の思想と生き方の変遷――と、一人称であろうと硬派な文章回し。腰を据えて読もうと思い身構えた私だったが、見事に不意打ちを食らった気分となった。

なんだこれ(困惑)
それが投稿分(2017/12/14)前半部の毎章ごとに抱いた、素直な気持ちである。

間断なく荒唐無稽な怒涛の展開が続き、私は終始にやけた笑みが止まらなかった。紛うことなく良質なコメディであり、するすると読むのが進む。
しかし、上述したように重厚な世界設定により、ただの喜劇で終わるわけではない。この世界に住む者たちは皆、急激に変化しつつある暮らしに順応し、生き抜くために必死なのである。それは、ここ数十年で科学技術の躍進により翻弄され続ける我々に重ねることもできるだろう。そんなリアリティが本作にはあり、見所にもなっている。

また、どのキャラクターたちも魅力的である。勇者でありながら、その権威が零落した世の中で壺漁りに勤しむ無職。一見横暴でありながら、社会と折り合いをつけ誰よりも騎士道を重んじる無職。盲目的なドルヲタ(真理)と内容に著しく触れずに書き出すのが難しい個性ある者たちばかりだ。そんな一癖も二癖もある者たちが紡ぎ出す物語は、日常的であって極めて非現実な世界となり、読む者を引き込んでしまう。

長々と書いてしまったが、それだけの内容が本作には詰まっている。
一度読んでしまえば、続きが気になってしまう作品だ。

★★★ Excellent!!!

壺漁りと聞いて真っ先に思い浮かんだのはRPGゲーム。
どうしていつも壺にアイテム入ってるんだろう?
そこに入っているアイテム勝手に持って行って怒られないんだろう?
さすがにタンス漁りは出来ないか。
とか思ったことのある人は必ずいるはず!

本作品もそうなのかと思いきや、世知辛すぎる、この生き様。
かつてどんなに命を懸けたとしても、時代が変われば需要も変わる。
かつてはそうでも今は違う。それはそれ。これはこれ。
勇者も黒騎士も白騎士も、かつての栄光と役割が変わって……
達観しているような勇者様と、面白棚上げクレーマーでも、時々至極真っ当な発言をぶっこんで来る黒騎士。アイドル白騎士大好きな性別不詳の盗賊に、空気に流されない自分を持った白騎士様。

笑いの中に心を抉る世知辛さが入り込むファンタジー?
ファンタジーの世界だけど現実問題他人事じゃないと思える人もいるかもしれない物語。続きが気になるところで終わっていますが、続きも気長にお待ちしたいと思います。

★★★ Excellent!!!

これは、平和な国で暮らす勇者(無職)と、その友人であるクレーマー気質の黒騎士(無職)、そして性別不詳のエルフの盗賊(無職)が、糊口を凌ぐためにあれやこれやと日雇いの仕事を渡りながら、己の生き様に思いを巡らせ、自らの存在意義を追求する物語である。

タイトルやあらすじからコメディかと思って読み始めたら、世界が平和になって一変してしまった社会体制の切実な問題点が綴られており、思わず唸ってしまった。
戦乱の世であれば活躍できたであろう主人公たちは、今や社会の厄介者。(いや……彼らの性格にも問題あるかな……?)
かつて勇猛さを誇った騎士団も、アイドル白騎士のショーや握手会の興行で収入を得る日々。
この辺りの世の仕組みが何ともリアルで、非常に読み応えがある。

硬質で整然とした勇者の一人称で語られる文章には、時おり素のツッコミが混じる。それが絶妙に笑いを誘う。
どの登場人物も個性豊かでめちゃくちゃ面白いんだけど、個人的には傍若無人な黒騎士ヴェイロンが好きです。空気読まなさすぎて勇者まじ不憫。

改めてタイトルを見ると、経済書か何かのようにも思えてくるから不思議。

★★★ Excellent!!!

アスリート界隈でよく言われるセカンドキャリアという言葉を思い出しましたね。
プロの世界で一流としてやってきた選手が、短い選手生命を終えた後、第二の人生でもがく。引退後の人生が約束されているのは本当に一握り。華々しい世界で閃光のように輝いていたのに、一線を退いた途端に何もなくなり、飲食店の手伝いや訪問販売の営業などに身を寄せていく者も少なくなく(もちろんそのような職業を貶めるつもりはありません)、中には路頭に迷うような方も……。

ここで描かれているのは戦時下において命を削って戦った者たちの、訪れた平和な世の中での生きざまでした。軽妙に描き出される戦後の勇者たちの日常はおかしくもどこか切なく、顔で笑って心で咽び泣きましたよ、わたくし。

★★ Very Good!!

厳密に言えば完全に平和というわけではないのですが、戦乱をある程度乗りきった後の世界観という、あまり見ない類のものです。

完全にギャグで押し切る話かと思いきや、意外や意外。
世界に対する生き方や考え方が軽妙な語り口で展開されます。

タイトルの意味を語るべきではないのでしょうが、一種の社会保障なわけですね。

なるほど。

続きが気になる作品です。

★★★ Excellent!!!

平和になり武力が必要なくなってきている世界でたくましく生きていく無職たちの世知辛いさわやかコメディ🐣

世界が平和になったら戦っていた人はどう生きるんだろう?
必要なくなったと言われる人達はそれをどう思っているんだろう?
そんな疑問に正面から答えてくれる物語です。

加減して。と思うくらいに正面です。

生きるためには色々捨てざるをえない。でも皆一番大事な部分は何とか捨てないで生きてる。
世知辛く、でも辛く感じる訳でなく。
きっと皆生きるのに前向きで、したたかすぎるからなんだと思います。

北方エルフのクリスの性別は女の子に一票。

★★★ Excellent!!!

それぞれの生き方、考え方がかっこいい。
無職だろうが、不本意な仕事に見舞われていようが、大切なのは矜持と信念。
最初は笑いに惹かれて読み始めましたが、しっかりとしたストーリーものだったとは。
シリアスにもコメディにも寄らない独特の進み方。
戦後の発展を間違えたかのようなおかしくも歪なファンタジー世界。
しかしその社会背景には説得力がある。
世界は平和な方が良いに決まっている。しかし、職業的には戦時の方が良い。
このパラドックスに挟まれながらも、迷わず平和を望む主人公がこれからどうなっていくのか。
今後の展開が楽しみです。

★★★ Excellent!!!

登場人物はみなさん無職だのクレーマーだの詐欺師だのといった感心できないし希望も持てない社会的立場に置かれていますし、そのせいで困難にはまっていくようですが、不思議と自分を憐れみすぎるでもなく、しっかり前を見て生きています(体勢でなく、心持ちについての言及です)。
途中で出てくる騎士についても、まれに見る好漢です。その辺にうじゃうじゃいてもらっても困るタイプですが、好漢です。
こうした登場人物の造形がとても爽やかで、安心して読めて、元気をもらえる気がします。
小ネタもくすりと笑えて、いいお話です。

★★★ Excellent!!!

 いつも更新を楽しみにしています。(無職だけど)己に誇りを持って精一杯生きていて、一つ一つの言葉に(無職だけど)重みを感じます。みんな(無職だけど)格好いい!
 平和になったファンタジー世界の社会考察も見事です。
 
 作者さんの重厚な語り口がクセになります。物語の起伏が予測付かないのに、こんなにも更新が楽しみな小説を私はこれ以外に知らない!
 もっとたくさんの人に読んでほしい作品ですね。

★★★ Excellent!!!

 壺を漁る理由、そしてどうしようもない無職達。愉快でダメダメな勇者と黒騎士が、同じく無職の盗賊に騒動に巻き込まれるファンタジーコメディーです。
 捻りの効いた題材で思わずクスリとしてしまうこと間違いなし! 貴方も一度、読んでみませんか?

 恐らくこの作品よりも愉快な黒騎士は他所じゃ中々見られないでしょう!