桜子さんの殺人レシピ

作者 神島大和

296

114人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

殺そうとしないと愛せない?
それは歪んだ愛ですか?

違います。純愛です。歪んでるだなんて、誰もそんなこと決められない。
春哉くんは、それをじっくり知ってるんですよね。
桜子さんは、多分知らないんですけど。
でも、互いに純愛だと思ってる。

いいじゃないですか! 素晴らしいじゃないですか、それ!

ネタバレになるので深くはかけませんが、
最後、ぐっときますねぇ。

いい作品です。

★★★ Excellent!!!

初めに断言しておきます、これは愛の物語です。

その有様が歪んでいても、その至る場所が、もし本編と違っていても、これは間違いなく愛の物語です。

設定は魅力的、面白さは折り紙つき、そのうえで愛とは何かをテーマに扱っている。
これで素晴らしいものでないわけがない。

とかく、まずは読んでみてください。
一瞬で惹きつけられること請け合いです。
そして、最後まで読んだのなら、きっと素敵な気分になれることを保証します。

☆みっつ文句なしの傑作!

★★★ Excellent!!!

殺す事が至上の愛だと信じる女性・桜子とそれを毎日防ぎ続ける男性・春哉とのスリリングな愛情(?)の形を描いた物語でした。

一体なぜ彼女は殺す事が愛だと感じるのか、そしてなぜ彼は愛ゆえとはいえ自身を殺そうとする彼女の傍に居続けるのか……

それはそれは、気になりますよね。
それは読んでのお楽しみなのですが、簡潔な感想をお伝えするなら、とても優しさと正義感に溢れた男女のお話となっていましたよ。

とにかくあの手この手で殺そうとする彼女と、それを淡々と躱し防ぎながら、しかし確かに愛し合っている二人の様子は常人には理解できない様子でしたが(笑)、だからこそしっかりと惹きつけられてしまいました。

★★★ Excellent!!!

表題通り結末まで目が離せず、一気に読めた。
短編である事を差し置いても最も重要な点である。
作者の力量、特に構成の巧みさがそうさせているように思う。
描写の配分も過不足ないものであった。

強いて挙げれば一つ惜しいのが冒頭である。
朝である事を地の文で説明したならば主人公に改めてそれだけのセリフを言わせる必要はなかったように思う。

冒頭、掴みで作品を見誤られるのは勿体ない。
作者には改稿をお勧めしたい。

総じて魅力的な作品であった。
このような作品に出会わせて頂いた事に感謝したい。

★★★ Excellent!!!

一見歪んでいるようにも思えるけれど、この狂気じみた愛情表現は実にストレートでかつ純粋そのもの。人の愛情とはこれほどまでに研ぎ澄まされるものなのかと思うほどでした。殺したいほど愛している、その愛の重さもさながら、コミカルに描かれているため、とてもテンポよく、次を読むのが楽しくてまさかの一気読みとなりました。登場人物がいとおしくなる、そんな物語。一読してみてはいかがでしょうか?

★★ Very Good!!

想いがたっぷり詰まりすぎてすこし行き過ぎる桜子さんの愛情表現。それを躱しながらも受け入れる春哉。猟奇的でほっこりとしました(ほっこりとした猟奇?)。

桜子さんのレシピは、二人で作ることが大切なんだろうな、と。どうしようもなく本当に、お似合いのコンビだと思いました。

二人の恋愛≪レシピ≫が末長く続くことを祈ります。

★★ Very Good!!

常識外れな桜子さんの愛情表現。
その表現方法はドン引きするレベルですが、彼女の事情を知ると途端に違う色彩を持つようになります。

そして彼女の愛を正面から受け止める春哉の懐の大きさ。
彼のように魅力的な優しい男キャラは意外と少ないのではないでしょうか。

ラストの展開もとても気に入りました。
二人とも、お幸せに。

★★★ Excellent!!!

文章や構成の上手さには非の打ち所がないです。
なので、登場人物に魅力を感じるか、感情移入できるかどうか。評価が分かれるとしたら、ここだと思うんですけど...

なんでここまで面白く書けちゃうんですかね。本当に。みんな生き生きとしている。約1名、死と隣り合わせだけど。すごく魅力的です。
★200オーバーは伊達じゃないです。

ちなみに。小日向朝子みたいな真っ直ぐな子、大好きだったりします。彼女も応援したいけど...恋は実らなさそうだな。

★★★ Excellent!!!

 プロローグ――。短い文章で、ヒロインが狂気に満ちていることをこれでもかと見せつける。引き付け方がうまいと素直に感心。
 そして期待を表すような緊張感を抱きつつ第一話から読んでいくと……。
 ヒロイン怖えええええええええええっ! 本気で主人公を殺しにかかるとか、病み過ぎっ! しかしそれがこの作品の肝であり、そんなヒロインの愛(らしいです)をうまくあしらう主人公の淡然とした立ち振る舞いもまた素敵(●´ω`●)

 読み始める前は、ヒロインが一方的に主人公のことが好きなのかな、と思っていましたがそうでなく、両想いということが分かってなんだかほっこりしちゃいました。過去の出会いの話も最高っ。
 
 多くの読者に評価されるのも納得の、中編としてうまくまとまった傑作だと思います。皆さまも是非、『カクヨム』最恐のヤンデレ娘を御賞味あれっ!

★★★ Excellent!!!

桜子さんの彼氏は春哉以外ありえないなと思いました。

他人から見たらありえない恋愛の形でも恋愛のあり方は人それぞれだし、桜子さんと春哉にとってはこれが普通の日常。

一途な桜子さんが良いですね。

ラストの春哉には驚きました。

2人が出会った話も良かったです。とにかく春哉がイケメンでした!

★★ Very Good!!

 設定は両手に花のくせに、なかなか苦労はしていて、読者としては「ぐぬぬ」とお決まりの表情で読み進めるも、内容は、なかなかに読みやすい文章で、結末まで一気に持って行かれました。

 愛情表現というのは、その原体験、つまりは親から受ける愛情に影響を受けるのかもしれません。
 今は、まだ幼く儚く歪な彼女の愛が、どう花開くのか……徒花じゃなきゃ、いいけど(苦笑)

 死もね、生の延長線上の結末でしかないから、どう生きるかはどう死ぬかでもある。誰かを愛す、という行為も、誰かを殺す、という意味では二律背反で成立もすると思うよ。

 エロスとタナトス、アガペも少しだけ感じ取れた。

 楽しく読ませてもらいました、ありがとうございます。

★★★ Excellent!!!

一途な桜子さんが大好きになりました。

カップルなんて、お互いに価値観の違いがあって当たり前。
どちらかがどちらかに行くのではなく、お互いが歩み寄って、その違いを埋めていく。

この二人も例外ではありません。

ただし、その価値観の違いが大きすぎるのが問題なんですけどね。

素敵な恋物語です。
けっしてギャグに片寄らず、気分をしっとりとさせてくれます。

★★★ Excellent!!!

桜子さん、ただのヤンデレと思うことなかれ。
しっかりとラブでコメディしているうえに、最近は珍しくもなくなったヤンデレ設定にもバックボーンが用意されていて、短いながらもストンと納得のいくお話でした。

春哉くんと桜子さんのやりとりも、物騒なはずなのに微笑ましく思えてしまう……そんな良作ラブコメです。

★★★ Excellent!!!

織田崇滉 先生のコラボ作品つながりでお邪魔させていただきました。
桜子さん……なんというか、色んな意味でパワフルですよね。春哉さんが、寛大且つ とっても懐に厚いひとで、こんな兄を持てるなら、ぜったいにぼくはブラコン街道を走っちゃいますね! 断言します。
相反するフィーリング カップルが、相乗効果でベスト カップルに……とか、すごい!
朝子さんも可愛かったな~ ♡ ウフフ

桜子さん。読み進めてゆくにつれて、どんどんと愛おしくなってきちゃいますよね。コレ不思議。。
神島マジックでしょうか??? いっき読みするぐらい、ストーリーに引き込まれてしまいました ♡

ワタクシゴトで申し訳ないのですが、ぼく「CL〇MP」先生のファンなんですね? 子供の頃から。
で、作品のひとつ、~レイアースに出てくるキャラクターに「ノヴァ」って女の子がいて、その女の子と桜子さんが自分の脳内劇場で合致しちゃって……
一粒で二度おいしい的な感覚で読み進んじゃいました。ゴメンナサイ。。告白と懺悔でした。。。
とっても面白かったです ♡ ありがとうございました!
                                        ―千隼―

★★★ Excellent!!!

 桜子さんの脳内CVなんですが、能登さんと沢城さんで決めかねてしまっています。どうしてくれるんですか。

 さて、この物語は愛の物語です。人の心の光を見せる優しい世界の物語です。一見コミカルな雰囲気でありながらも、物語の幕切れは真摯な姿勢でヤンデレに向き合うという形で訪れます。

 ヤンデレ好きな人には間違いなくヒットする筈ですし、それ以外でも間違いなく楽しむことができるのでまずは読むだけ読んでみましょう。

 長さもほどほどな上に間違いなく面白いのですから。

★★★ Excellent!!!

あまりヤンデレ彼女が出てくる作品を読まないのですが、この作品は非常に楽しく読ませていただきました。

恐らくですが、既存のヤンデレモノはヤンデレ彼女の凶行をどう回避していくかにしか焦点が合わされていないのではないかなと思うのです。
しかし『桜子さんの殺人レシピ』は、桜子さんがなぜ凶行に走るようになったのか、ドライな対応をしながらも桜子さんをどうにかしたいと思う春哉くん……
短いながらも、それらがキチンと書き切られており、ただのヤンデレ彼女モノで終わらなかったのがこの作品のすごい所です。

いやーめでたしめでたしと思いきやまさかの2がある……!読まねば

さくっと読めるのでオススメです。

★★★ Excellent!!!

桜子さんの愛は、とっても深い。そして、とっても狂っている。彼女の愛情表現が「恋人の殺害を試みる」ということなのだから、ヤバイ。

おはようからおやすみまでどころか、寝ている最中だって油断できないだろう。殺害レシピにあった「腹上死」はちょっと興味あるけれど……。

間違いなく、古武術を極めたこの主人公ではないと桜子さんとはまともに付き合えないだろう。私なら、恋人になって一分以内に殺害される自信がある。

しかし、ここまで書くと、「単なるヤンデレもの」だと勘違いされてしまうかも知れないが、この『桜子さんの殺人レシピ』という作品には他のヤンデレものとはちょっと違う味付けがあるのだ。

その味付けというのが、桜子さんがヤンデレと化したその背景がきちんと説明されていることである。
ヤンデレものの作品では、「いかにヒロインを怖ろしくみせるか」というこだわりはあっても、そのヒロインの人物背景が描かれないことが多い。
ヤンデレという記号化されたヒロインが主人公を追いつめていくだけでは、何というかヒロインに人間的な生々しさが感じられなくて味気ないのだ。

だが、『桜子さんの殺害レシピ』ではヒロインが心の闇に堕ちた過程が説明されているおかげで、桜子さんはちゃんと血の通った人間なのだと感じることができ、そんな彼女が狂気にとらわれていることに読者は恐怖を抱いたり、同情したり、感情移入できるのである。

そして、私が一番いいなと思ったのは、主人公が桜子さんの心の闇とちゃんと向き合い、ラストでは救いがあることだ。
ヤンデレものなのに後味の爽やかな読後感があり、最後にはとてもポジティブな気持ちにさせてもらえた。
「ヤンデレとか恐いヒロインは苦手だ」という人にもおすすめできる、ちょっと一味違うヤンデレ小説の良作となっているので、興味を持った方は迷わず読んでみてください。

★★★ Excellent!!!

愛情表現は人それぞれですが、この作品に出てくる桜子は一線を越えた愛情表現をしてきます。

端から見れば恐ろしい場面の連続ですが、恋人の春哉が軽くいなすからか、なぜか微笑ましい雰囲気を感じ取りました。

そしてラストに待ち受けるのは......。

それは貴方がその目で確かめてみてください。

★★★ Excellent!!!

読み終わって「なるほど、殺人レシピ!!!」と唸りました!

作者様の作品はこれまで何度もランキングで目にしていたのですが
今回読むことが出来ましてその理由に大納得であります♪

まず前半はずっと笑ってました!!
なによりもあらすじで吹き出すw
「二人の仲は良好で最悪」

そして1ページ目からの見事なヤンデレっぷりを目に焼き付け
「これはっ……!」と(笑)

プロフィールでは作者様は初心者と書かれておりますが、
作品の案内人としての文章が本当にうまい! スムーズに話が入ってくる。

というかめっちゃ面白い(笑)

個人的には端役でもしっかりと練られていた3人の同僚が可愛いくて好きです( *´艸`)
それぞれ文中で少ししか個性が紹介されていないのにもかかわらず可愛い!


そして……これは非常に個人的なことなのですが
「朝子ちゃんに持っていかれなくて良かったああ」(笑)
※ネタバレでしたらすぐ消しますので教えてください>人<


桜子さん桜子さん、今後もっと愛されて本当の桜子さんがもっと輝くことを楽しみにしております♪

★★★ Excellent!!!

良作。
ヤンデレの彼女から毎日のように襲われる主人公が、彼女と正常な恋愛をはぐくもうと試みる恋愛ストーリーである。
主人公とヒロインの描写はすぐれている。特にヒロインの行動は強烈で、読者に十分なインパクトを与えられると感じた。さらに私のものにならないなら死んでもらう、だけではなく、殺しにかかること自体が愛情である、というこれまでのテンプレートとしてのヤンデレを超えた部分が特徴的である。

本作はもちろん徹底したリアル追及路線ではなく、あくまで主人公がヒロインの特徴的な愛情表現を特技の古武術でかわしつつ、お互いの理想的な形に変えていこうとするドタバタのラブコメディである。しかし現実的な話をすれば、こうしたヒロインも他のヤンデレと同様に境界性パーソナリティ障害のパターンに含まれると考えられるし、その原因が多少ではあるが作中に描かれているなど、リアルな背景事情を盛り込んでいるため、作品に厚みが加えられている(実際にヒロインの持つ障害が本作のような要因で生じ、本作のような展開で克服できるかは不明だが、そこはフィクションとして吸収できる範囲のように思えた)。

本作の長所は、主人公とヒロインが至るエンドに納得感があるところにある。アマチュアがやりがちな、単に主人公とヒロインを描写しただけでなんらの展開が無い肩すかしのような作品ではなく、本作は主人公とヒロインの変化がラストにいたるまで段階的に描かれており、そこに至るまでの伏線と回収も丁寧である。

総じて、本作は高い質に至っていると評価したい。しかし一点、読者を決定的に引き込むパワーについては弱さを感じた。上手ではあるが、既存作品の組み合わせで作った作品という印象がある。今後は作者だけが経験してきた他人が持っていない武器で勝負してほしい。それができれば、今後はプロに評価してもらい、プロの世界で勝負することが可能になるのではないかと思… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

愛しい彼氏を殺すことだけに心血を注ぐ、なんて普通なら怖くて夜も眠れませんが、すっかりヤンデレがお約束として馴染んでしまった感のある二次元世界では、人気のジャンルですね。

手段がどうあれ、好きな人に対して一途なことは評価されるものです、二次元限定だけど。
それは間違いなく純粋ですし、真摯なのです。二次元限定だけど。

レシピ帳に書いてあった「腹上死」を、ぜひ桜子さんに試されたいです!!
お願いします!
僕と腹上死して下さい!!(世界一嫌な告白である)

★★★ Excellent!!!

愛憎は表裏一体とは言いますが、よくよく読んでいき……なるほど、そういう事なのかと納得しました。こういう愛情表現しか出来ない。しかし、一度きりしかないという事実に達して漸く過ちに気付く。
所々に物騒な愛が溢れていましたが、最後はハッピーエンドになってめでたしめでたし……かなぁ?(遠い目)

★★★ Excellent!!!

ヤンデレ物としては、極めて王道(いやそもそもヤンデレを扱ったお話が王道と呼び得るのかという問題はありますが)なのですが、この作品の面白さはやはり登場キャラクターの設定と配置の巧みさにあるでしょう。
特にメインヒロインの脇を固める人々――春哉くんと朝子さんのキャラ造形が素晴らしい。常に恋人を殺害しかねない桜子さんを、武術の体得者であるがゆえ日々華麗にいなし続ける春哉くんと、報われぬ片想いに身を焦がしつつも、家族が警察官ゆえ犯罪者は見逃せないという正義感に燃える朝子さん。
この三人の関係性がガッチリと嵌まって、ヤンデレ物としてこれまでにない妙味を生み出しています。

★★★ Excellent!!!

振り幅が広くて起伏の激しい両極端な情緒。
そんな愛情表現を兼ね備えた女の子を求めてるアナタ!
ここに来たのは正解です。思う存分、理想的なタイプとの恋愛を楽しめるお話になっています。
もう一つ、共通して言える事――どの登場人物にも、自我と強かさが感じられて、矜持をもっている点が好感を持てました。
長さもほどよい完結済みの作品で、足しげく通うにはもってこいですね!

ではまた。本日もお疲れ様です!

★★ Very Good!!

ヤンデレというより殺デレ?自分にとっては新鮮な題材を見せてくれた作品でした。
桜子さんが強烈な個性を持ちながら、単にコメディとしてでなくしっかり心情を描いていたのが良かったです。短い中で起承転結がまとまっていました。
短編として完結するならもう少し登場人物を絞っても良かったと思いますが、この続きや更なる展開があるなら良いと思います。他の人々の掘り下げも見たいですね。
読んで思ったのは、桜子さんの殺意も愛情も全部ガッチリ受け止める春哉くんこそが、作中で一番歪んでる人なんじゃないのかなぁと思いました。だからこそ、楽しんで読むことができました。

★★ Very Good!!

桜子さんが素敵!
いや、主人公じゃなきゃ死んでるけど……。
だがそんなツッコミは置いておく。物語に大事なのはそんなところではないからだ。
個人的には主人公はもう少し周りに対してさめているほうが好きかもしれません。
文章の具合がもっと良くなってほしいということで☆ひとつ空けて☆2とさせていただきます

★★★ Excellent!!!

どのキャラも個性的でストーリーのメリハリもしっかりとしていて、面白かったです。

これで終わるのは少しもったいない気もしますが……
綺麗な終わり方をしているので、これ以上続けるのは逆に作品を壊してしまうだろうか?

それでも続きが見てみたい、そんな風に思った作品でした。

★★ Very Good!!

概ねヤンデレ物語は、愛する方のキャラクターがどれだけエキセントリックかをクローズアップする形になります。
その愛は『重い』もので、それを受け止められずにパニックに陥り、最終的には身を亡ぼすの形です。

これ以上はネタバレになりますので多くは語りませんが、一風変わった明るいヤンデレ話です。