お菓子職人テオブロマとライオンになったチョコレート

作者 星村哲生

132

51人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ライオンのテオブロマが街のみんなにお菓子を買いに来てもらいたくて奮闘するお話です。
見当違いなことをするテオブロマを応援したい気持ちになります。

最後はこちらまで胸が温かくなりました。

凝ってますね。テオブロマが入力予測で出てきたので調べたらカカオの木の学名なんですね!
小さな仕掛けが素晴らしいです。

★★★ Excellent!!!

チョコのライオンを溶かしたテオブロマさんの心も、暖かく溶けていく。
みんなのために――。
その想いがみんなに通じて、ほんとうによかったです。
夢の場面の挿入が、おとぎ話的に秀逸だと思います。
テオブロマさんの悩み・心情を表すと共に、今後の展開をそれとなく示唆する場面ですが、これから何が起こるのかと、ここで惹きつけられます。そのあとの、なんともドラマティックなクライマックス。
見事な大団円に、読後、ほっこり優しい気持ちになったのはいうまでもありません。

★★★ Excellent!!!

途中は、このまま終わってしまったらどうしようとハラハラしますね。
でも、ラストはハッピ-エンドで本当に良かった。
そして最後に、「誇りとは何だろうか?」と少し考えました。
『お菓子職人テオブロマとライオンになったチョコレート』、良い童話だと思います。

★★★ Excellent!!!

童話を文章だけで読む、というのがなんだか不思議でした。
出来ればイラストが欲しいお話です。
というのは、カクヨムさんに言わなくちゃだめですよね^^;

一生懸命だけれど空回りなテオブロマは、私たちの中にもいるのでしょう。
だからこそ、頑張って欲しいと思うし、気づいて欲しいと願う。
心の中の温かさが町の人に伝わった時のほっとした気持ちが、とても大事なことに思います。

★★ Very Good!!

うちの2歳はライオンとチョコレートが好きなんですよ。
食いつきそうです!
物語の展開も、良いですよね。

まとはずれ覚悟でひとつ指摘を挙げるとすると。地の文の文体が小児対象ではなさそうなのと、それに比してセリフの文だけがひらがなを多くして、ややちぐはぐになっている懸念がありました。
もしも対象読者を低年齢に据えるとすると、文章の節回し自体を、低年齢の脳みそに合わせる必要があるかなと思いました。
 実際には童話ジャンルでありつつ《童》に聞かせる話ではなく大人むけなのかもしれないので、敢えての演出かもしれませんね。

★★★ Excellent!!!

ライオンのテオブロマ。その風貌から街の住人から距離を置かれている存在。
お菓子屋さんを開きチョコレートを売るもうまくいかない。
そんな中ある事件が発生。ライオンらしい立ち振る舞いで事件に立ち向かう…。
冬の季節の物語で、寒さとちょっぴり切なく、そして温かさが味わえる作品です。オススメです!

★★★ Excellent!!!

誇り高きライオンのお菓子職人、テオブロマ。
お話の中でライオンの誇りを象徴するチョコレートの像が、鍵をかけられたりして、非常に巧みに取り扱われていると思いました。像の行く末とともに、最後は心温まるエンディングを迎えられてよかったです。心温まるお話でした。

★★ Very Good!!

ホットチョコレートのようにじんわりした温かさが染み渡る、素敵なライオンのお話。
できることなら、絵本として読みたい。
幼い頃にこれを読んでいたら、きっと、お気に入りの一冊になっていただろう。
子どもができたら読ませたいなあ。

★★★ Excellent!!!

主人公のテオブロマは、心優しいバーバリアンライオン。
どんなライオンよりも立派な体と立派な鬣を持つ、誇り高いライオンです。

でも、その「誇り高さ」が、優しい彼を悩ませる事に…。

本当の優しさ、誇りって一体なんだろうか。
そんな事を教えてくれそうな、心も体も暖かくなれそうな短編です。