中年おじさんの作り方

作者 大澤めぐみ

875

332人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★ Very Good!!

――


 グイグイと曳き込む文章で、あっと言う間に読んでしまう。
 そしてオチで、「あー、そっちだったのか」と思わず声が出ました。

 途中、主人公が「俺」表記であったり、山男の「大将」「巨漢だったら~」の表現等、少し問題点はあるのですが、ともかく流れるような文章で勢いをつけて読ませ切ってくれます。

 てっきり、くたびれたおっさんが酷い目にあって、それでも踏ん張って前へと進む――という様な内容を期待していただけに、これには足を掬われた次第。

 一人称視点を使った典型的なトリックにやられました!

 

★★★ Excellent!!!

――

待っていたのは意外な結末。

文章の言い回しの軽快さには脱帽です。まるで主人公から直接愚痴を吐露されているような感覚。それでいて読み味が悪くならないのは、ひとえに作者の方の地力からでしょう。

冒頭の通り、結末は中々の変化球。ただ、私個人はうっすら中盤から「もしかして……」という予想が浮かんでいたので、その分はちょっと意外性が削がれました。ですが、それでも読後感は文句なし。

題名も含めて、すっきりと収めてくれるいい作品でした。

★★★ Excellent!!!

――

オチが見事で、全部ひっくりかえして、タイトルの意味もそういうことか、と。

それはそれで素晴らしいのですが、そこまですいすい読ませてしまう文章のリズムと個性に、とても魅力を感じました。

エキセントリックなんだけど、読みやすくって、おもしろい文章。なかなかそういうのが書ける人っていないと思います。

★★★ Excellent!!!

――

中年おじさんの作り方についての話です。

いやー、いい話でした。

がつがつ、どんどん、いけいけ、で話が進んでいき、最後にはちゃぶ台をドンッ! っとひっくり返されて、うわーとやられる感じですね!

星の数にたがわぬ名作、あなたも心を揺さぶられてみませんか?

次の話にも期待して、星3つ送らせて頂きます。

★★★ Excellent!!!

――

婚約者に逃げられた主人公は、家財道具を持ち逃げされ、自暴自棄になりますが、突然、登山を志し、山頂で山男と出会う。

山男と意気投合した主人公は、気のおけない仲になり、共同生活をするのだが……。

思い込みを逆手にとった落ちにやられてしまいました。

★★★ Excellent!!!

――

タイトルからの先入観。

中年って、そっちか!!
いやもう、最後の一文で、それまで脳内にあった情景がひっくり返りました。


いい意味で期待を裏切られました。
そして、2回目読んで、今度はニヤニヤ。

★★★ Excellent!!!

――

流れるように、リズム良く読めるように言葉を選んでいるなぁ、と思いながら読んでいったら、最後に「エッ」という展開が。

本当の魅力は言葉の選び方だと思いますが、あらゆるものを詰め込んで〆方まで綺麗にしやがった、と一杯食わされた気分です(笑)

★★★ Excellent!!!

――

いいはなしだなあーと思っていたら、最後でのけぞる展開。
すごい技量だ。
カーテンの無い生活も意味ありげに感じてしまう。
中年になっても変われるんですね。

★★★ Excellent!!!

――


 なんつーか完全に奇才か鬼才に化かされたような読み口でした。一見して改行が詰まっていて読みにくい気もしますが、それすら文章のテンポの調整の意図か、読者に行間を読ませないための工夫にさえ思えてきます。

 内容自体はおどけた調子で進んでいくのですが、その実は傷ついた人間の再生物語であり、とは言いつつ、あれよあれよと読み進む間に、読んでいるこっちも肩の力が抜けた感じがしてくる不思議な小説です。

 現代社会に疲れた皆様に効く小説です。
 
 ああ、うん、もちろん私も最後のオチに引っかかったよ! あんなの気付かんわ!w

★★★ Excellent!!!

――

ページを開いてみると、文字がギッシリで、一瞬、読むのを躊躇ったが、読み出すとテンポがよく、どんどんのめりこんでいく文体。
会話の内容も面白いし、ツッコミもいい。
そして、最後、「ふぁ!?」となり、三度も読み返してしまった(笑)
文句なしの★3つ!

★★★ Excellent!!!

――

グイグイと引っ張る文章。
ウンウンと頷ける主人公の心情。
ホロホロと出る涙。いい人がいて良かった。
それだけで、十分なのに……最後の最後に走者一掃の満塁ホームランを浴びて天国へ送られたような気分。
ここまで、きれいに騙されたなんてことは、ここ最近覚えがない。
文句なし。

★★★ Excellent!!!

――

おもしろかった、の一言です。
ネタバレになるので、詳しくは書けませんが、いかに自分が頭の中で勝手なイメージを作っているかということを思い知らされましたね。。
随所にちりばめられている小ネタも、僕世代の人間にはかなりヒットです。
いやー、やられました。

★★ Very Good!!

――

短編には星MAX2つという信条なだけで、本作品は本当に面白いです。
三塁線上ギリギリのヒットをレフトが捕球し損ない、更にキャッチャーへの悪送球で、本塁打になっちゃったみたいな作品だと思いました。
色々書き込みたいけれど、ネタバレになるので、ここまでにします。

★★ Very Good!!

――

 騙されました。最後の一行まで気づかなかった私って・・・(笑)

 さんざん他の方々のレビューを読んでいたのに最後まで気づかず、やっぱり最初に戻って読みなおしてしまいました。

 勢いのある文章でグイグイ引っ張っていく力があります。面白かったです。

★★★ Excellent!!!

――

最後の段落で急に話をまとめにかかって、その辺りのスピード感に何やらもうプンプンとオチが匂うわけですよ。前評判にもあったしね。「読み返すぞ」って。んで、最後の一行で「あー!」っとなる。
ほらね、ほらね、やっぱりね。
最後の段落まですっかり騙されていたくせに、さも自分は分かっていたぞと思いながらもう一度最初から読み直し、「ああーっ」と。
なるほどなぁ。
そういうことね。

★★★ Excellent!!!

――

いやー、面白かった。
ここまで行間が詰まってるのは、普段ちょっと敬遠するんですけど、これは読めた。それぐらい勢いと読ませる力が凄かった。
そして、あのオチである……目が点となり、再び冒頭から読みなおしました。素晴らしいです。
こういうしっかり落としてくれて、さらにもう一つ仕掛けがある。短編の面白さってこれですよねぇ。
ぜひぜひ皆さんもお読みください。

★★★ Excellent!!!

――

面白かったです! 掴みがバツグンであれよあれよという間に読み終わってました。最後に「あれ?」と騙されて結局まんまと二度読み(笑)
落ち込んだ時に読みたい小説です。

★★★ Excellent!!!

――

ストーリー展開がよく、文章も上手で、勢いよく読み終えることが出来ました。どこかにこんな人がいるかもしれない、というリアルさが作品の魅力を高めていると思います。

★★★ Excellent!!!

――

短編だったので一気に読ませていただきました。文章の畳み掛けの勢いがすごくて、ほんの少しの違和感もながれるように読んでしまい、まんまと2度目を読み直してしまいました。面白かったです。ありがとうございます。

★★★ Excellent!!!

――

テンポが良く、物凄く読みやすい(´∀`*)ウフフ
最初見た時、文字数多そう…読むの怠いかと思いきや面白くてサクサク♪
普段あまり活字を読まないボクが言うんだから間違いないです(´∀`)9 ビシッ!
本当はもう少しちゃんとしたレビューを書いてたんですけど、ネタバレ含むと興が削がれちゃうし、一気に読んで欲しい作品です。
息継ぎせずにクロール25m泳いじゃいましょう(笑)

他の作品も読んでみたいと思いましたまる!!

★★★ Excellent!!!

――

なんとも荒っぽいキャッチコピーだなーと気になっていて、たまたま時間があって、一話完結だし丁度いいなーと思って読み始めたのです。

凄かった。面白かった。

中年になると、落ち着きが出るどころか、少年時代に比べて沸点が少し低くなるのです。
それにしたってカーテンまで持っていかれたら沸点がどうの以前に怒りもひとしおなわけで。

怒りに任せてキーボードを叩いたかのような勢いある文章は、30分もあれば読み終えてしまうでしょう。
裏切られた怒りが、見事に昇華された良質な小説であると断言します。

ストレスの多い社会で生きる人に、ぜひ読んでもらいたい。

★★★ Excellent!!!

――

実に読みやすく、スラスラと内容が入ってきました。
婚約者にぜーんぶもってかれた主人公のお話。
とりあえず五行くらい読んでみて、よければラストまで一気読み推奨です。
最後まで読んだら、オチに驚いて読み返してしまうこと請け合いです。