中年おじさんの作り方

作者 大澤めぐみ

870

329人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★ Very Good!!

――


 グイグイと曳き込む文章で、あっと言う間に読んでしまう。
 そしてオチで、「あー、そっちだったのか」と思わず声が出ました。

 途中、主人公が「俺」表記であったり、山男の「大将」「巨漢だったら~」の表現等、少し問題点はあるのですが、ともかく流れるような文章で勢いをつけて読ませ切ってくれます。

 てっきり、くたびれたおっさんが酷い目にあって、それでも踏ん張って前へと進む――という様な内容を期待していただけに、これには足を掬われた次第。

 一人称視点を使った典型的なトリックにやられました!

 

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

待っていたのは意外な結末。

文章の言い回しの軽快さには脱帽です。まるで主人公から直接愚痴を吐露されているような感覚。それでいて読み味が悪くならないのは、ひとえに作者の方の地力からでしょう。

冒頭の通り、結末は中々の変化球。ただ、私個人はうっすら中盤から「もしかして……」という予想が浮かんでいたので、その分はちょっと意外性が削がれました。ですが、それでも読後感は文句なし。

題名も含めて、すっきりと収めてくれるいい作品でした。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

オチが見事で、全部ひっくりかえして、タイトルの意味もそういうことか、と。

それはそれで素晴らしいのですが、そこまですいすい読ませてしまう文章のリズムと個性に、とても魅力を感じました。

エキセントリックなんだけど、読みやすくって、おもしろい文章。なかなかそういうのが書ける人っていないと思います。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

中年おじさんの作り方についての話です。

いやー、いい話でした。

がつがつ、どんどん、いけいけ、で話が進んでいき、最後にはちゃぶ台をドンッ! っとひっくり返されて、うわーとやられる感じですね!

星の数にたがわぬ名作、あなたも心を揺さぶられてみませんか?

次の話にも期待して、星3つ送らせて頂きます。

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

婚約者に逃げられた主人公は、家財道具を持ち逃げされ、自暴自棄になりますが、突然、登山を志し、山頂で山男と出会う。

山男と意気投合した主人公は、気のおけない仲になり、共同生活をするのだが……。

思い込みを逆手にとった落ちにやられてしまいました。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました