仮想化技術時代の音楽作品

作者 ベン・リー ※旧PN:伶々 わざおぎれい

この小説に出会えてよかった

  • ★★★ Excellent!!!

 これが出版されたら、僕は間違いなく買います。

 感想文です。すみません。ネタバレ成分もわずかに含まれています。

 まず大前提、文字を追うだけで楽しい。一つ一つの言葉が丁寧で、綺麗。文章が光って見えます。すっかり魅了されました。

 そして、登場人物たちがキャラクターとして脳内に浮かび上がります。名前と性格と言葉で、『人間』が構成されてるように思いました。文句なく、上手い。

 さらには世界観。『今』からさらに進んだ『近未来』が説得力を持って存在していました。だからこそ、のめり込めます。主人公の視点から追体験しているような感覚が得られました。

 そう、だからこそ主人公の感情や思いがダイレクトに流れ込んでくるような気持ちよさがあるのだと思います。彼を応援したくなりました。

 物語の引きもいいんですよね。気になるし、綺麗で、『え?』とも思わされます。

 何よりも、好みでした。この近未来世界も、人間が直面している課題も、天才を目指すストーリーも、主人公の強いあこがれも、登場人物たちも、言葉による抽象的な宿題もすべて大好きです。全てが混ざり合い、文句なく面白かったです。

 今の僕の心の癒しです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

近未来的なガジェットたちを、音楽をモチーフにすることで新しく見せる手法に目を奪われつつも――その物語の内容は、人の根源へと下りて行く探究的な物語。

なぜ音楽をするのか? なぜ音楽が好きなのか? な… 続きを読む

宝蟹 叫さんの他のおすすめレビュー 6