ゴリザードリィ~狂ゴリラの試練場

作者 久保田

356

147人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

バナナに人望があったとは!

五人(?)のゴリラにも格差があるともとれる文面から、長きに渡る旅が今始まる!!!いや、終わる!!!w
途中の試練で振り落とされるバナナ、もといゴリラ。
最早誰が残っているのかわからない!!!
これはゴリラなのか物語なのかっ!
きっとゴリラ界でベストセラー必須の一作!(ゴリラが読めるとは限らない)

★★★ Excellent!!!

いやー。やられました。
真面目にレビューするのも馬鹿らしいです!(最大限の褒め言葉)

常にボケッぱなしがこれほど心地よいとは…
腹筋崩壊やむなしでした。悔しい…!!

いい加減に書いてそうで、テンポ、分量、
見事に計算されているから余計に悔しい。
読んでて悔しい。

久々に笑いたい人に超オススメします。
落ち込んでたら、これで元気が出るぜ!!

★★★ Excellent!!!

 ウィザードリィ大好きなんですよ。グレーターデーモンを何万匹倒したかわからないぐらい好きなんですよ。
 そんな私がタイトルに釣られてうっかり読んじゃったわけです。

 ○。ー○○○(ネタバレに配慮して伏せ字)で吹きました。何か色々な物が失われてしまった気分です。

★★★ Excellent!!!

これを読むと、 小学校時代に励んだポートボールを思い出します。
バスケと違って、ドリブルしちゃいけないんです。
もどかしいねえ、もどかしいよ。
だってゴリラだもん。
ゴールマンもゴリラだからさあ、打点も覚束ないのよお。
この間観た昼ドラもこんな感じの終わり方でした。

★★ Very Good!!

どこまでもゴリラだらけだったのが面白かった。
勢いのあるストーリーだったが、その勢いのまま着地せずにぶっ飛んだ終わり方だったのがある意味ミステリーなのかもしれない……。
新しいジャンルの捉え方を教えてもらった気がするような、しないような。

★★ Very Good!!

なるほど、ミステリ……。謎が提示されていて、それを解決しようとする光景はまぎれもなくミステリだった。陳腐な謎でもゴリラ視点である以上、難解であるわけで。

そして謎に対してゴリラ特有の膂力で挑むこの作品は、肉体派ミステリという新たなジャンルを作り上げたのかもしれない。それはミステリに心得のない私には分かりかねるが。

オチがちゃんとしてれば名作だっただけに残念。
一番笑えたのは魔術師ゴリラがスコップで洞窟を掘り進めていた事実。スコップを扱えるという高度な技術力が魔術師たる所以だったのかもしれない。

Good!

「くっだらねえ」と笑ったら負け。私はもちろん完敗しました。悪ふざけの産物とはいえ、笑わせてもらいはしたので星1はつけときましょう。

もう細かい描写へのつっこみが追いつかない。天才魔術師ゴーリラーってなんだよ! 直径数ゴリラってなんだよ!

1番笑ったのはゴリ平が死に際に渡したバナナを食ったことですかね。