ゆりコメ!

作者 ひな+たま

163

59人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

男の格好をし、孤独を愛するハル。
田舎から出てきたばかりで、純真爛漫な世間知らずの女の子・うらら。
そんな異なる魅力を持ったふたりの主人公(ヒロイン)が織り成す、友達以上百合未満な物語。
タイトルからもっとゆりゆりコメコメしているのかと思いきや、第一話ではハルが結構キツい態度をうららに取るので驚きました。まぁ、でもそこから脅威の粘り腰を見せるうららが凄くて、第一話の最後は心が動かされました。ごっちゃんです。
第二話からガラッと雰囲気が変わって華やかになるのですが、そこで登場するキャラたちも皆愛くるしいですね。カワイイは正義。間違いないです。
第三話が現在書き直し中だそうですが、果たしてふたりはどうなるのか? 百合未満からもっと百合な関係になってしまうのか、となんだかそわそわしてしまいます。ええい、早く更新しないか(偉そう
楽しみに更新を待っております。

追伸:轟天号に思わず噴き出しました。思わぬところで思わぬネタが出てきたものだw

★★★ Excellent!!!

……という、タイトル通りな人間すらも目覚めそうになる、そんな甘酸っぱ甘い作品でした。

多くはない文字数の中でしっかり感情の導線に緩急をつけており、ちょっとした移動時間でも一気に読み切り満足する一方、少ししたあとで思い出してニヤニヤしてしまう。
本当に幸せなひと時をありがとうございました。

2話も楽しみに読ませていただきます!

★★★ Excellent!!!

軽いコメディ寄りの百合だと思って読み進めていたら、心情を丁寧に書いた本格派の恋愛(友情?)小説だった。
自分が書くと上っ面だけの湯葉みたいな話になってしまうけど、この物語にはちゃんと豆腐がある。(意味不明)
最後にはちゃんとまとまるものだとわかっていても見ていてハラハラさせられる良いお話でした。
最後のデレっぷりは最高だ。ひゃほーい。

★★★ Excellent!!!

 わ、私は涙なんか流しませんでしたけどねっ! などと強がりを言ってみましたけど、すうっと、気持ちよく泣けました。
 あほ可愛いヒロイン(どっちだ?)の、キャラの魅力がとにかく堪らなくて気付けばどっぷり。でも、本物の愛を貫く芯の強さというギャップにガツンとやられました。
 私が投稿させていただいている拙作のヒロインも心根の太い能天気キャラなのですが、この魅力には敵わないとただただ脱帽です!
 続きが待ち遠しい作品、皆様もぜひ!

★★★ Excellent!!!

 なんだまた百合ものかよー、なんて思いながらページを開いたんだ。1ページまでは余裕だったんだ。なんでだろうね、つい最後のページでじんわり来たんだ。気づいたら最後まで読んでたんだ。
下手なコメントを残すより、未読の方にただ一言だけ言わせてください。ぜひご一読を。

★★★ Excellent!!!

外からきた世界観を内に受け入れ、なあなあで歩んできた少女と、
内からきた世界観を外に形成させようと、努力を惜しまない少女の物語。

仮に、当人の希望と方向性によって醸成された環境を、世界と定義するなら
彼、いや彼女との出会いでうららちゃんの世界観は拡張されたと言っていい。
現に、それを告白という形で吐露して、彼女との世界を希望したのはうららちゃんなのだから。
うららちゃんは「はっきりした目標もなくとりあえず生きている」と自分をなじったが、あの瞬間にはもう一貫して彼女のために奔走していた。

あの気高い精神のどこに腑抜けの余地があるのか! なんて謙虚でいじらしい子なのだ! お前はキンモクセイの花言葉かと!
底抜けに楽しい気持ちをくれるコメディが迷彩となり分かりづらいが、ここまで完成されたキャラ造形には脱帽の一言です。
ここから二人の世界が始まると思うともう涙とよだれとその他もろもろが止まりません。なにもかも垂れ流しながらで恐縮ですが、二話も楽しみに待っています。

★★★ Excellent!!!

文章中のクスリと笑えるキャラクター達の魅力的な行動。

読んでいて、きゅんとしてしまうような可愛い仕草。

そして、きゅんと来てクスリと笑えるだけでは終わらない!

ドキッとする最後に向けての展開。

ハルとうららの二人の出会いから心が通っていくまでの物語り、ラストに向かう度にあらわになっていくハルの正直な気持ちにいたいほど感情移入してしまいました。

それに、物語り中に出てくるサブカルチャー、アニメやゲームについてのお話への使い方が丁寧に扱われている印象でした!

リズムゲームのシーンは特に印象に残ります!

★★★ Excellent!!!

あのね、俺は男らしい硬派な作品が好きなの。
こんな女の子同士がさ、きゃぴきゃぴ恋愛する作品とかね、読まないから。
まあでも? ちょっと? 気になるし?
プロローグだけでも? 読んでみようかな?
つってね。読み始めてみたワケですよ。

プロローグのラスト、
「はい、大丈夫です。女の子でも、大丈夫です」というセリフに合わせて「あ、あたしも女の子同士の恋愛、大丈夫よ!」って叫んでたね。むしろちょっとオネエ口調になってたから。

ハル目線で進んでいくストーリーは、うららの気持ちがわかるようでわからなくて、なんだか恋愛しているときのドキドキをぎゅっと凝縮したようなせつない気持ちになれちゃうの。
うららは本当にあたしのことが好きなの!?どうなの!?大丈夫なの!?ってやきもきするのよね。どこか信じ切れない気持ちと、やっぱり信じたい気持ちが綯い交ぜになって溶けていく。
ああ、女の子になって女の子に惹かれる気持ちって、こうなのねっていう、追体験よね。つい体験しちゃうわ、なんてね。
あらやだ、あたしったらオバサンみたい。

あたしもさ、いろいろあったんだけどさ、でもやっぱり、こういう青春時代のドキドキって、一生モンの宝物なのよね。
学校や街の描写はしっかりしているのにどこか空虚で、ふたりだけの世界に没頭してしまう若い恋愛ってこうだったわね、なんて思っちゃったわ。やだ、あたしったらオバサンみたいね。

なんかね、気づいたら2回目読んでたわ、あたし。
ちょっと謎の中毒性があるわこの作品。危険よ。取り締まりなさい?

とにかくふたりがちょっとずつ近づいていく様子が丁寧に描写してあるから、場末のバーからあたしもオススメするわ。
人生や仕事に疲れたらまたいらっしゃい。アディオス~

★★★ Excellent!!!

まず思ったのが文章が凄く綺麗ですよね。
プロローグの告白シーンにおけるきめ細かな描写と柔らかな文体は、本当にこの二人を優しく見守っているようで素敵でした。
紹介文を読む限りだともっとゆるふわな可愛らしい小説かと思いきや、女の子の葛藤なども丁寧に描かれており、それでいて読後は爽やかな――登場人物の名を借りるなら本当に『うらら』かな気持ちにさせてくれる素敵な小説でした。
まだ一話だけですが、起承転結しっかりとした短編になっているので是非オススメです。次話が楽しみ。