カクヨムコン5が始まりましたね。
今回は、今のところは以下の二作品で参加しております。

長編・異世界ファンタジー部門
「雪の女王は戦馬と駆ける」(https://kakuyomu.jp/works/1177354054890976093
<あらすじ>
祖国を滅ぼされた王女シャスティエは、仇の王の側妃になる。密かに復讐を意味する名を名乗り、夫には心を許さず、祖国の血を引く子に敵の国を継がせるのが目的のはずだった。
けれど彼女の心は揺らいでいく。敵国内の不穏な情勢、周辺国の野望の前には、仇のはずの男こそ最も信頼できる同盟相手だったのだ。優しく美しい王妃との交流や、生まれた子供に芽生えた愛も、彼女の憎しみを溶かしていく。一方で、敵対する者たちの悪意と陰謀が容赦なくシャスティエを襲う。
戦いに心身を翻弄される王女は、それでも血に濡れた道を歩む。かつては憎んだ王と共に。

各話ごとに視点人物を変える群像劇形式の戦記物です。逆境の中で歯を食いしばるヒロインや、国同士、各国内部での思惑のせめぎ合いなど、シリアス目・ドロドロ目の作品になります。

隔日で更新していますが、ちょうど話が大きく動く盛り上がりの章に入っております。コンテストを切っ掛けに、より多くの方に読んでいただけると嬉しいです。


短編・キャラ文芸部門
「ボーダーは革命の旗」(https://kakuyomu.jp/works/1177354054890381022
<あらすじ>
春見が丘高校は「眞行寺の変」の真っただ中だ。
眞行寺弓佳という美少女がファッション雑誌に掲載されたことを切っ掛けに、校則の締め付けが行われているのだ。
新しい校則にも、眞行寺さんが不登校になっていることにも納得がいかない「私」は、密かにレジスタンス活動を開始する。先生には分からないように──ボーダーのぱんつで。

こちらは長編とは打って変わって軽めの作品です。ブラック校則に立ち向かう女子高生の奮闘や、校内で有名な美少女への淡い憧れなど、青春ぽい思いを詰め込んでおります。
既に良質な少女漫画、とのコメントをいただいていて、コミカライズ前提の賞に応募している作品として嬉しい限りです。



この二作品以外にも、長編でも短編でもあと一作ずつくらい出せれば良いなあ、と思っています。
コンテスト参加作もそれ以外も、どうぞよろしくお願いいたします。