まままま

作者 不二本キヨナリ

131

51人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

 薄暗く染め上げられる世界の中にあって、主人公の存在だけが白く光を放つ。

 ゆるふわなタイトルとは一線を画す、重厚でいて、血の通った生命のぬめりを感じる世界観でした。

 ストーリーも王道を感じさせながらも、救われきれないひねりの利いた展開。
 読み応えのある作品、ありがとうございます!

★★★ Excellent!!!

読み始めた時は、作者独特の暗さとユーモアが漂う世界観に飲まれ、誰に感情移入すればいいのか少し不安でしたがこの前後不覚にさせられる感じが良いのかも……。

と、思ってましたが物語が進むごとに謎の主人公アルくんが、少しずつ表情豊かになっていく。それに自分もホッとしてたり、アルくんが幸せになる道が見つかれば良いなぁと祈ってたり……。
これはきっと「まままま」に染まりつつあるからかもしれません。

しかし彼にハッピーエンドが来る気がしないのはなぜだろう。
いやいや。彼が素敵な色に染まる日がくるのを待ってます。

★★★ Excellent!!!

ようやく、ようやく最新話まで追いついたのでコメントを!
(以前に評価ずみです!)

ダークファンタジーとのカテゴリに偽りは一切無く、暗鬱とした雰囲気が続きます。
その暗さは、例えるなら嵐の前の森林といったところでしょうか。

しかしながら、途中途中で挟まれるウェットに富んだ会話や、センス溢れる比喩表現が、いい案配に読者の精神を癒し(?)ていきます。

これにより、本作はダークファンタジーというカテゴリであると同時に、作中の登場人物に松田優作あたりが紛れ込んでいても違和感がないような、ハードボイルドな空気感も醸し出されています。

この空気感と雰囲気にはコーヒーやタバコ、酒のような謎の依存性があり、言わせて頂くならば、本作は『嗜好品』的作品であると言えるでしょう。

一度ハマれば抜け出すのは至難の業です。



★★★ Excellent!!!

往年のファンタジー(国産)を見慣れている身からすると、じつにじつに、心地よい。文章の流れが良い、ということに加えて、単語の選択センスが抜群なのだ。オモシロイ文章というのは、予想を裏切り、期待を裏切らない、という古くからの言い回しを条件として備えているものだけれど、この作品はまさにそれ。ひとを食ったようなタイトルが、実はかなり本作品の根源に絡んでいる、という点から見ても、手練れの技だと思う。

★★★ Excellent!!!

文章の完成度が高く、比喩表現や形容の表現が光る作品でした。

それでいて物語も、序盤からいきなりの展開に一気に興味を持っていかれます。掴みとしては素晴らしいとしか言えないでしょう。衝撃の序盤から更に一転二転していく物語。第一章の最後まで飽きる事なく読む事が出来ました。

高い語彙力によって文章が磨き上げられたように美しく、かつ面白い物語内容。二つ合わさった作品です。