後日談:令夫人は燕尾服がお好き


※本編のおまけ後日談になります。ネタバレになりますので、未読の方はご注意ください。コメディ。



 ロンドン一の繁華街である、ピカデリーサーカス界隈。さわやかな夏の今宵、ある邸宅で文芸サロンが催されていた。

――人気作家ジェラード・エグルストンの新作を出版する権利が欲しい!

 広間には出版社の社長夫妻を始め、劇場興行主、大衆紙の記者、エグルストン氏のファンである貴族たちが集っていた。さながら、王に臣下が集まるごとくの光景である。

 広間の壁際のソファには、ひとりの紳士が座っており、愛想笑いを浮かべた紳士と淑女がこれでもか、とおべっかを披露する。

「ぜひ、わが社に出版の権利を。一年間、遊び暮らせるだけの原稿料をお出ししますから」

「いえいえ、わが社は豪華客船の世界旅行をご用意いたします。ぜひ、ご検討を」

「すでに新作をお書きになられた、とおききしました。銀行の貸金庫にお預けだとか」

「エグルストン先生の小説は、もちろん劇場化の予定です。お好きな俳優をご指名ください。予算に糸目をつけず最高の舞台をご用意いたします」

 眼鏡をかけたエグルストン氏は頬杖をついたまま、目を閉じている。うなずくだけで何も答えない。退屈そうにあくびをし、しまいにはうたた寝を始めてしまった。

 交渉をしていた社長たちは焦る。さらに原稿料を上げると言って、興味をひこうとする。やはりエグルストン氏は答えない。

 周囲がやきもきしながら、一時間がすぎたころ。

「さあ、みなさま。今夜はここでお開きにいたします」

 燕尾服姿の若い紳士が手を叩き、交渉の終わりを告げた。

「次回のサロンまでごきげんよう」

 痺れを切らした、ひとりの社長が反発する。

「おい、きみ。それが招待するがわの接客態度か? 私はな、はるばるニューヨークから外洋を越えてやってきたんだ。なのにたった一時間。しかも先生はひと言もしゃべらず、やっていられん。売れているからといい気になるな!」

 燕尾服の彼は平然と、怒りで顔を紅潮させた社長に言った。

「かしこまりました。では、このお話はなかったことにいたします。お達者で」

「二度と来るか!」

 しかし事情を知っているほかの客は、ニューヨークの客に賛同しない。彼はエグルストン氏の交渉に負けてしまったのだ。

 反応のない作家先生に客たちはやきもきするのだが、いつものことだった。そうやってじらし続け、最後まで粘った一、二社と交渉をする。それがエグルストン氏のやり方だ。

 そしてそんな作家先生を補佐している秘書――燕尾服姿の人物に、親しく声をかける貴婦人がいた。

「あら、エグルストン夫人。お仕事ごくろうさま」

「ごきげんよう、ジェファーソン男爵夫人。今夜もおきれいですね」

「うふふ。あなたにお見せしたくて新調したドレスですのよ。どうかしら」

 と、うら若い男爵夫人は、薄紅色の裾を広げた。ふわり、とふくらんだスカートが愛らしい。

「とてもお似合いです」

「ま、うれしい!」

 エグルストン夫人は男爵夫人に腕を取られ、なかば強引に広間を出される。連れて行かれた先は、女性客だけのお茶会だった。サロンが終わると客間に集い、女同士で感想を言い合うのが習わしだ。

 黄色い声があがる。エグルストン夫人は令夫人たち憧れの存在だった。争うように、着飾った淑女たちが群がる。紅茶のカップを持たせ、焼き菓子をすすめ、断ろうとする燕尾服姿の夫人に向かって、令夫人たちは親しく話しかけた。

「ドレスはおきらい?」

「いえ……そういうわけでは」

「どうして殿がたの格好をなさってるのかしら」

「秘書として交渉をするためですよ。ほら、世の中、相手がご婦人というだけで、交渉を拒む社長もいますしね」

「まあ、そんないじわるなこと、わたしの夫はなさらないわ。だから契約は、ぜひわがジョーダン出版社になさらない?」

「いいえ、ジョーダンさんのところはおよしになったほうがいいですわ。だって、挿絵が人気ないですもの」

「なんですって? 挿絵より内容で勝負をしているんですのよ。一流のイラストレーターに頼むと、本がとってもお高くなってしまうんですもの。これも商売よ、商売」

「それをエグルストン夫人の前でおっしゃるつもり? まあ、お下品ね」

「お仕事の話はなし、というお約束を忘れたのかしら。そちらのほうがお下品だわ」

 社長夫人同士のいさかいを、ジェファーソン男爵夫人が呆れた口調で止める。

「……まあ、まあ。エグルストン先生は気まぐれだから。それより、わたし、もっとエグルストン夫人のことを知りたいの。初めてお見かけしたときから、ときめきが止まらなくて。みなさんはどうかしら?」

 妖艶なまなざしを含ませながら、男爵夫人は扇子を広げ、そっと口元にあてる。

「まあ、わたしもよ。奇遇ね」

「そうなの? わたしも先生のサロンがとても楽しみなの。だって夫人が素敵だから」

「じゃあわたしたち、同じ志を持ってらしたのね。うふふ……」

 エグルストン夫人こと、サンドラは嫌な予感がして、すぐさま女たちの集いから逃れようとする。カップをテーブルに置き、立ち上がった。

「私はまだ打ち合わせがあるから。ごきげんよう、レディたち」

「仲良くしましょうよ。わたしたち、お友だちでなくて?」

 ジェファーソン男爵夫人の言葉を合図に、令夫人たちがどっとサンドラを捕まえる。そしてソファに押しもどすと、ぺたぺたと顔に触れる。

「ちょ、ちょっと! 何をするんですかっ!」

「いいじゃない。女同士ですもの。遠慮はいりませんわ」

「そういう問題じゃ……」

「うふふ。わたしね、好きな御仁と結婚してみたかったのよ。二回り年上の夫もいいけど、あなたのような謎めいた紳士が素敵……」

 男爵夫人はうっとりした表情で、サンドラの髪の毛に触れる。そして頬へ、唇――。

「その前に女同士じゃないですか。そういうのはありえません」

「女同士だからいいのよ。浮気にならないんですもの」

「ええーっ! そういう展開ってあり?」

 社長夫人たちが「抜けがけはいけませんわ」と、なぜか男爵夫人をたしなめる。それはどういう意味なのか、考えただけでサンドラは目眩を覚えた。

「ねえ、エグルストン先生といるときはどんな格好をなさってるの?」

 ジョーダン夫人が興味津々にそう言った。

「ふつうですよ、ふつう……」

「夜はネグリジェですの?」

「ええ、まあ、はい……」

 面倒なので適当に返事をしたら、女たちの瞳が輝く。

「見てみたいわ、あなたのネグリジェ姿! ああ、だってわたし、燕尾服の夫人しか知らないんですもの」

「そうね、ジョーダン夫人。今度、デパートに買いに行きましょうよ。エグルストン夫人に似合うかわいいのをプレゼントするの」

「わたしも仲間に入れてくださらない」

「もちろんよ。あ、サイズを測らないといけませんわね」

「今、ここで脱いでもらいましょうよ。女同士だから問題ないわ」

 令夫人たちの目は本気だ。男装夫人の裸を見たくてたまらないらしい。

――怖すぎる!

「や、やめてください。ネグリジェは間に合ってますからっ!」

 女たちの結束は固く、連携は見事だった。支線を交わしただけで役割分担を決め、サンドラを捕まえる者と、燕尾服を脱がす者に分かれる。多勢に無勢。しかも相手がご婦人だから手荒な反抗はできない。

 困ったサンドラは、大声で居間にいる夫へ助けを求める。

「アレックス! ねえ、アレックス! ぼけっとしてないで、仲介しろよっ!」



 数日後。女性誌の社交記事は、エグルストン夫妻の話題でもちきりだった。夫に抱きかかえられた、燕尾服姿の男装夫人。そしてその場で愛を誓う口づけ。新作を売り出すため奔走する妻に、夫がいたく感激した、というストーリーだ。

 そのようすが詳細に書かれ、誇張され、イラストが描かれ、背景は大輪の薔薇が咲き乱れていた。まるでロマンス小説のような夫妻の姿に、女性読者たちは嘆息をもらす。

 その記事を読んだサンドラは、激しく後悔した。

「……これじゃまるで、おバカ夫婦ぶりを披露しただけじゃないか」

 大衆紙はあることないことを書いては、売るのが定番である。恥ずかしさよりおかしさが勝ったのだろう。アレックスはしてやられたと、感心する。

「きみを抱きかかえて、お茶会を出ただけなのになあ。記者連中の妄想にはまいるよ」

「笑いごとじゃない。変な目立ちかたをしたら、エグルストンの新作に影響するじゃないか。今回は醜聞にならずにすんだから、ほっとしたけどさ」

「いいじゃないか。ほら、ロマンを売るのが僕の仕事だし。読者に夢を与えられてよかったよ」

「まったくもう。ひとがいいんだから、アレックスは……」

 サンドラは不愉快だったのだが、夫が怒ってないから水に流すことにした。その代わり、次回のサロンは令夫人らしく、イヴニングドレスを着ると決める。

 その夜も、ピカデリーサーカス界隈でサロンを開催した。令夫人たちはドレス姿のサンドラを見て幻滅する。あくまでも男装のサンドラを求めていたらしい。ただの夫人では交流する楽しさがない。今夜はおとなしくあいさつだけで終わった。

 いっぽう、ジェラード・エグルストン氏と交渉をする客のなかに新顔がいた。社長連中のなかでもっとも背が高く、体型ががっしりしている。顔は若そうだが頭髪が上半分ないため、すでに中年なのだろう。

 ソファに座ったまま、興味なさげに紳士たちの話を聞くアレックス。その新顔紳士は唐突に――しかし遠慮なく言った。

「驚いたな。やはりきみか。ずいぶんと出世したもんだ。従者をしていたときは、ただの平凡な男と思っていたが……」

 うたた寝をしていたアレックスの目が、ぱちりと開く。そしてまじまじと相手を見つめた。

「お知り合いのようですが。はて、どなたでしたかな?」

「かつてのライバルだ。ほら、あなたの妻を奪い合った」

「へ?」

 その光景を見ていたサンドラは、はっとした。

 髪の毛を失い、太ってしまったが、その口調と声。琥珀色の瞳に整った目鼻立ちは……。

「ブランドン・リスター?」

 紳士はサンドラを見るなり、破顔する。

「何年ぶりかな、サンドラ嬢――いや、エグルストン夫人。名前を変えていたから、今朝までわからなかったよ。妻が読んでいた女性誌に、男装令夫人の記事あってね。まさか、と思ってお会いしてみたら」

「そ、そうだったのか……。エグルストンはペンネームで。それにしても、きみ、すっかり」

――別人のように老けたな。

 と、サンドラは言いかけた。美男子で知られていたリスターだったが、彼は歳を取るのがとても速かったらしい。

 アレックスが肩を小刻みに揺らす。こらえきれないように、腹を抱えて爆笑した。

「く、苦しい……。僕の記憶のなかの、ライバルが……。一気に喜劇に変わった……。あははっ!」

 いつも無愛想だった作家先生。笑い転げるのを見た社長と令夫人たちは、唖然とする。

 リスターは明らかにむっとした顔を返した。

「仕方がないだろう。髪の毛は祖父の遺伝だからともかく、父が病気をしてしまってな。僕が会長代理として連日、夜会と商談づけでこのありさまだ。今夜のサロンだって、買収した出版社を立て直すための交渉だ。会長代理、直々だぞ」

「つまり仕事の憂さを飲み食いで晴らした、というわけか。ストイックだったきみらしくないな」

「ああ、サンドラ嬢まで、そう言う……」

 がっくり肩を落とすかつての美青年に、アレックスが慰めるように言った。

「でも、これで親しみが持てるからいいじゃないか。ハンサムだったころのきみは、鼻についていたから、正直、好きになれなかったよ」

「親しみか……。要するにただのオヤジさ……」

「僕を楽しませてくれたんだ。さっそく交渉をしようじゃないか。新作はきみのところの出版社――ええと。そうだ、まだ名刺をいただいていない」

「ええ、ほんとですかっ!」

 商売人になったリスターは、一気に明るい表情に変わる。すばやく名刺を懐から取り出し、アレックスへ手渡した。

 サロンがどよめく。

――ああ、新顔に権利を買われた!

 社長と令夫人たちが落胆する顔を見送りながら、サンドラはその夜のサロンを閉会した。

 その後、大作家エグルストン氏は、若ハゲの紳士が好みだという奇妙な噂が流れる。サロンに出席した社長たちは、だれもが頭髪の薄い秘書の青年を連れて来た。

 その光景はアレックスが言うように、まさしく喜劇そのものだった。



おわり


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

旦那さまはお嬢さま 早瀬千夏 @rose

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のタグ

だいたい週末にログインします。近代史マニア。 旧ペンネーム:ハルヲ(諸事情により変更しました) サイト:裏庭の午睡 http://green.ashrose.net/もっと見る

近況ノート

もっと見る

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!