慧眼の少女(けいがんのしょうじょ)

作者 銀鏡 怜尚

93

32人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

語彙力に優れた作者のシャープな文体に魅了され、個性が強い登場人物たちの動向に引き込まれていきます。物語の背景の描き方が丁寧、且つ、スリルある展開の導入も上手いので、読み応えがある秀作。『深緋の恵投』へ至る前を遡って登場人物たちが出会った経緯も描いています。

成績評価などを具体的に記していた所以か「ビッグファイブ」と呼ばれる5つの性格特性(外向性、情緒不安定性、協調性、勤勉性、経験への開放性)に関する記事について、ふと思い出したりもしました。環境が人に及ぼす影響について深く考えさせられる青春ミステリーです。

★★★ Excellent!!!

ひと括りに分類してしまうと「学園青春ミステリー」にカテゴリーされるのでしょうが、WEB小説界によくあるその類のものとは一線を画す、極めてハイクオリティな秀作でした。

熟練のプロが書く一般文芸を彷彿とする文体と豊富な語彙力。それでいて重すぎることはなく、リーダビリティは抜群です。

千里と優梨、ふたりの天才少女をはじめとする瑞々しい登場人物たち。キャラの書き分けや各々の役割分担がしっかりとしていて、読者に混乱を招くことはありません。ミステリアスな謎が徐々に紐解かれる展開も、緻密に計算されていて最後まで飽きさせません。

ダブルヒロインによる知恵比べの推理バトルは、とても鮮やかで白眉でした。優梨さんと作者様の聡明な頭脳には本当に感服します。そして手に汗を握るドラマチックなクライマックス、からの意外な真相。それでいて爽やかな読後感。どこを取り上げても、掛け値なしの一級品でした。

『深緋の恵投』のスピンオフという位置付けですが、単体読みでも問題ありません。実際、前作を読んだのは数年前なのですが、そんな自分も新鮮な気持ちで楽しめました。その上で「これは『深緋の恵投』も再読しなくては」と、読了後は新たな楽しみも齎してくれました。

★★★ Excellent!!!

 主人公の風岡 悠をはじめ、ミステリアスな雰囲気が魅力的な少年 影浦 瑛と、明るく陽気な性格ながらもどこか陰が見える女子高生 桃原 千里との出会いをテーマにした青春学園ドラマです。

 物語の冒頭はごく普通の学園ドラマとしてお話が進みますが、途中から謎が見え隠れするという作風へと変わっていきます。その経緯に至る前の流れが実に見事で、一度作品を手にしたらページをめくる手が止まらない――という独自の魅力だと私は思いました。
 ジャンルこそ現代ドラマとなっておりますが、作者さまが得意とするミステリー要素も満載です。謎と同時にミステリーというジャンルも、少しずつ浮き彫りになります。

 さらに実在する場所を舞台にするだけでなく、登場人物一人一人に至るまで個性的なキャラクターばかりです。これほど多くの個性あふれる魅力的な登場人物が出てくるのは、まさに名作の証拠と言えるでしょう。
 『深緋の恵投』のスピンオフ作品として公開されている小説ですが、本作だけでも十分に世界観を堪能出来ます。ですが本作『慧眼の少女』→『深緋の恵投』という順番で読み進めていくと、より完成された物語を疑似体験することが出来ます。

 非常に本格的な青春学園ドラマミステリー小説となっており、一般文芸作品と比較しても引けを取らない内容です!

★★★ Excellent!!!

この作品は『深緋の恵投』のスピンオフ作品になりますが、またそちらの作品とは異なり青春真っ只中の高校生達の姿を映し出した青春群像劇になっています。

とある少女の苦悩と葛藤。それを軸に彼女に関わる人々が繋がっていく――。

読後が非常に爽やかで、ああ、青春してるなぁと感慨深いものがありました。

尚、登場人物の多くが非常にハイレベルな設定になっているため、要求される知識が半端ではありません。それを実現された作者様の豊富な知識量に脱帽します。

★★★ Excellent!!!

これほどまでに重厚で、これほどまでに青春で、これほどまでに頭を捻らされる物語にはそうそうお目にかかれません。

練り込まれたストーリー、深く掘り下げて作り上げられた登場人物の背景、そして少女達の知力勝負が繰り広げられる舞台のレベルの高さ。
これらが織り成す物語の世界が、面白くないわけありません。

確かな知識に裏打ちされた寸分の狂いもない謎解き場面は、読み手を唸らせてやまないでしょう。

こんなにも優秀な女子高生が二人もいていいのか?!
……いいえ、いいんです。
慧眼の少女達が自身の手で描き出す未来を、ぜひ貴方の目で見届けてみてください。

★★★ Excellent!!!

 これは、一人の少女が大きな悲しみを背負い、そしてそれから解放される物語だ。初めの章を読んだ時、主人公となる一人の「慧眼の少女」を「嫌なヤツ」と感じる方もいるだろう。しかし、この少女の悲しみの深さ、思いの大きさに徐々に気づいていく。そして本編のもう一人の「慧眼の少女」との対面、対決を通じて、「慧眼の少女」は自身の背負ってきたものから解放される。本編の「慧眼の少女」とここに出てくる「慧眼の少女」はまるで合わせ鏡のようだ。そしてこの作品自体も、本編のスピンオフながら、本編と合わせ鏡のような構成になっているのが良かった。
 天才同士の熾烈な頭脳戦も見事に表現され、それでいて人間関係もおろそかにならない。そこがこの作者様の素晴らしいところだ。本当に「見事」としか言いようがない。

★★★ Excellent!!!

天才女子高生の活躍を描く、青春小説。物語の中の、キーになるポイントで、医学の知識や、理系的なギミックが使われるのですが、それが素晴らしい。たしかな知識と、きちんと構成され練られたストーリーが織りなす、上質な物語です。

ラノベにはあまり馴染みのない、一般文芸作品が好きな読者さんには、絶対おすすめです。普通に出版されていてもおかしくないレベルだと感じました。

ちなみに、これは前作のスピンオフだそうです。私は、その前作を読まずにこの作品を読んだのですが、それでも楽しめました!

★★★ Excellent!!!

天才女子高生がその明晰な頭脳を駆使して、降りかかる難問を解決する物語です。
今読了し、大きく溜息をついております。とんでもなく面白く小説に出会い、堪能させていただいた心地よい疲労感を味わっております。
これほどの心躍る物語が、このカクヨムにはあったんだ! と叫びたいほどです。

徹底的に練り込まれたストーリーは、もはや書籍として遜色ない完成度。登場するキャラクターたちは、それぞれが役どころをしっかりと演じており、読み手の頭の中を駆けまわります。
張られた伏線が絶妙に回収されていく様は、お見事! 溜飲が下がるとは、この事です。

スピンオフということなので、本編を何がなんでも拝読いたしたいと、渇望しております。

カクかた、ヨムかた、すべてのかたにお読みいただきたいと、声を大にして宣伝いたします!

これほどの物語、ありがとうございます!

★★★ Excellent!!!

読み始めると先が気になりスラスラ読めてしまう作品です。
面白い、その一言に尽きる!

キャラクターがとても魅力的で設定も非常に綿密です。
文章、キャラ達の会話のテンポは軽快ですが、読み切った後に来る余韻とズッシリとした重みのギャップがまた素晴らしいです。

こちらを先に発見した為、その後そのまま『深緋の恵投(ふきかけのあいとう』の方も一気読みしました。どちらから読んでも楽しめる作品だと思います。



★★★ Excellent!!!

大変読み応えのある作品でした。
ストーリーの緻密さには、驚きを覚えずにいられません。
そして、そのストーリーの厚みに負けない登場人物達の魅力が、強く輝いています。それぞれの人物の心理描写が細やかで、また彼らに会いたいと心から思ってしまうような、温かい魅力に溢れています。
作者様の幅広く奥深い知識量にも、深く感嘆致しました。

じっくりと楽しみながら読み進めたい、完成度の非常に高い作品です。

★★★ Excellent!!!

魅力的な登場人物たちの、それぞれの視線で書き綴られていくストーリー。彼らの心情の描写の繊細さに引き込まれながら魅了されていった物語。読み終えたときには、ぽっかりと穴が開いてしまったような欠乏が残りました。また彼らに会いたい。彼らとともに青春を過ごせたら素敵なのに……。そんな気持ちになる作品でした。

★★★ Excellent!!!

Web小説としては珍しい医療系ミステリ『深緋の恵投』を書かれた銀鏡怜尚氏の最新作です。
完結お疲れ様でした。

作品内容は、前作のスピンオフ的前日譚で、両作を跨いで複数のキャラクターが出演し、主にヒロインである優梨やその友人たちを巡る物語が繰り広げられます。
ただしスピンオフとはいえ、そのボリュームは17万5000字と前作にも迫る勢い。『深緋~』で活躍したキャラクターたちが躍動する姿を、今作でもたっぷりと堪能することができます。

前作のミステリから現代ドラマへとジャンルのカテゴリは変化していますが、物語が進むにつれて重要なカギとなる医療ネタは健在。
前作から継続して銀鏡氏の作品をお読みになっている方はもちろん、青春小説や理系小説がお好きな方にもオススメです。

★★★ Excellent!!!

素晴らしい!

前作を拝読して舌を巻きましたが、今作では尻尾を巻きそうです。

高校生らしい感情の高まり、どうしようもないほどの青春期の悩みが、リアルに描かれています。

憧れの存在に近づき、超えたくて奮闘する少女の努力は凄まじい。その病的なまでの執着を生んだ存在の登場は思いもかけずアッサリとしていましたが、アレがソレでなくて、本当に良かったです。

ちなみに私もAB型です♪
天才タイプではなくて、変態タイプだと自認しております。
そうです。ABにも、イロイロあるのですよ~。

でも、この物語の少女は天才型です。ライバルを宣言している少女も、ある意味では天才です。

彼女たちのこれからが、非常に楽しみです。

★★★ Excellent!!!

今回も医療系知識満載の作品で、前作同様なんとまあクオリティの高い作品なのだろうか。

様々な登場人物の目線で物語は進みますが、構成力及び人物描写がとても丁寧で、まさに書店にある物を公開しているかのようです。作者のその手腕が相変わらず羨ましい。

「Web小説」ではなく「小説」を読みたいという方は読まなかったらぜっっったい後悔しますよ!

是非ご一読を!!