二つの世界で繰り返す転生。彼は/彼らは何故に命を狙われ続けるのか

製薬会社勤めの青年、伏見洋士は、会社のビルから突き落とされて死んだ。

目が覚めた時、そこは異世界。剣と魔法の織り成すファンタジーな異世界で「カニー・シェスタ」として転生した彼は、魔法狩人である父に倣って自らもまた魔法狩人を目指す――その矢先に、黒頭巾の襲撃者の手にかかり、命を落としてしまう。

そして次に目を覚ました時。
彼は会社ビルの転落からかろうじて一命をとりとめた「伏見洋士」として、再び現世に舞い戻っていた――


本作の魅力の根幹を占めるのは、幾重にも重なる「何故?」の連続です。
洋士/シェスタは何故命を狙われるのか。どうして殺されなければならないのか。
彼の/彼らの命を狙う者の目的は何なのか。現世と異世界、その双方の襲撃者の間に浮かび上がる奇妙な符号は何なのか?
そもそもこの異世界は何なのか? どうして彼はこの「異世界」へ、幾度も「カニ―・シェスタ」として転生できるのか――?

仕立てこそ転生異世界ファンタジーですが、この物語の本質は執拗に命を狙われ続ける一人の青年がその謎を追い求めるサスペンスであり、何度転生を繰り返しても姿を変え形を変え襲い来る襲撃者へ立ち向かい、生き延びようと足掻く洋士/シェスタの、泥に塗れてもがくような生存のための戦いであると感じました。

転生して心機一転セカンドライフ!――といった類の軽妙な成功譚ではありません。
明るく楽しく魅力的なキャラクターとのかけあい、友情や親愛こそあれ、洋士/シェスタを取り巻く状況は過酷で、彼は幾度も打ちのめされます。
その理由を追い求める――止めどころがなかなか見つからず、次から次へとページを繰り、謎が解き明かされる瞬間を求めて読み進めてしまう。
本作はそうした仕立ての物語です。

一話あたまは短くサクッと読める仕立てなので、願わくば軽い気持ちで。
けれど、「これは面白いぞ」と思ったらなるべくまとまった時間を作って読むことをお勧めしたいです。

読書の止めどころが見いだせなくなると、翌日が寝不足になりかねませんので。

その他のおすすめレビュー

遠野例さんの他のおすすめレビュー361