長編化希望。まっすぐ、しっかり、青春。

いや、びっくりしました。作者さまの作品はいくつか拝読していますが、ほとんどは煌めくような文体とこころの描写にあふれた、情感ゆたかなおはなしたちです。今夜、置き忘れたようになっていた本作を読ませていただいて、えっ、となりました。扇情的なタイトル、アピール文から、なんというんでしょう、そういう作者さまの、息抜き的なコメディを想像してたんです。ぜんぜんちがった。びっくりした。主題はまあ、タイトルのとおりです。でも、全九話という短いスパンで、尖った起点からきれいにオチまで繋げられており、そして全編が、やっぱり作者さまらしい感性に輝く感じで、素直にすごいなあ、と。ただ……ものたりない! もっと読みたい! 長編化、希望します!

その他のおすすめレビュー

壱単位さんの他のおすすめレビュー1,055