黒き鏡の玉兎。

作者 四谷軒