【完結】紫龍と姫と、天界の神〜魔性の放浪楽士と王女の恋物語〜

作者 雨 杜和orアメたぬき

世間知らずな姫は運命の相手に出逢い、愛する者との未来を掴み取る

  • ★★★ Excellent!!!

どこからどう見ても美しい姫。
それが主人公の麻莉。
籠の中の鳥のように育てられた麻莉は姫としては完璧で、この世界に生きる者としては知らない事が多すぎました。
しかし、彼女の人生はある放浪楽士の男・リュウセイとの出逢いから変わっていきます。

リュウセイは麻莉にたくさんのものを与えてくれる人。
リュウセイに全てを任せれば、幸せな人生を歩めます。
けれど、麻莉はそれをよしとせず、自ら試練へと立ち向かっていきます。

幼い少女が気高い女性へ開花していく過程がとても読み応えがあり、想う相手への葛藤や切なさに胸を締め付けられます。
そして2人が惹かれ合う理由も、とても素敵です。

苦難を乗り越えた先に待っているものは、あなたの想像以上の幸せな未来だと思います。
だからこそ、その素晴らしい光景を是非とも目にしてほしいです。
光に包まれるような余韻を、どうぞ堪能して下さい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

ソラノ ヒナさんの他のおすすめレビュー 628