愛され公爵令嬢は穏やかに微笑む

作者 綾 雅(りょうが)

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全65話

更新

  1. 01.ああ、何もかも終わってしまう
  2. 02.王妃様の娘になりたかったの
  3. 03.親として最後の温情だ
  4. 04.なんとお労しいことか
  5. 05.王家に対する信頼は大きく揺らいだ
  6. 06.決断も理解も遅すぎたのだ
  7. 07.悪夢と優しい香りの間で
  8. 08.戦の支度を整えよ!
  9. 09.あの子を連れ帰ってくるよ
  10. 10.いきなりの謝罪に困惑しました
  11. 11.私の実の娘になってくれないかしら
  12. 12.なぜ目が曇ってしまうのか
  13. 13.この俺を含めたすべてを疑え
  14. 14.人知れず育てた狂気は肥大する
  15. 15.ご心配をおかけしました
  16. 16.まるで別人のようでした
  17. 17.不思議な合図に困惑しました
  18. 18.では我々はこれで
  19. 19.屋敷が要塞のようでした
  20. 20.一族の姫君の帰還に歓喜する
  21. 21.身支度を終えて、晴れた空を夢見る
  22. 22.この温もりが愛おしくて
  23. 23.素敵な騎士様からいただきましたの
  24. 24.強行軍で開けた懐かしい風景
  25. 25.何を優先すべきか、間違えることはない
  26. 26.私は父親として失格だった
  27. 27.懐かしさに解けていく
  28. 28.なぜ感情を殺して、我慢してきたのか
  29. 29.心に隠す宝箱を開けた
  30. 30.いい加減、僕を見てくれませんか
  31. 31.胸の空白を埋める宝物の積み重ね
  32. 32.姫に仕える栄誉を求めて
  33. 33.予定がない日という贅沢
  34. 34.どちらも、なんて可愛いのかしら
  35. 35.甘酸っぱいのはケーキか、騎士か
  36. 36.あと20年若ければ譲らなかった
  37. 37.恋愛と勘違いしてはいけないわ
  38. 38.殿方って狡いですわ
  39. 39.恋心は自覚と同時に砕け散った
  40. 40.なんて、はしたないのかしら
  41. 41.身分不相応な願いを抱きました
  42. 42.婚約の申し出と忠誠の狭間で
  43. 43.今度はあなたが選ぶ番です
  44. 44.権利を奪われるなら義務を放棄する
  45. 45.逃げ場はないと気付かぬ獲物
  46. 46.お母様が一番強いとは知りませんでした
  47. 47.親族へ婚約を知らせる嬉しさ
  48. 48.願わくば、彼女を生かす道を
  49. 49.母上、この王宮から出ましょう
  50. 50.壊れたなら、さらに壊してしまえ
  51. 51.やっと娘を取り戻せるわ
  52. 52.私に見える現実という虚構
  53. 53.孤立無縁だが幸せな攻防
  54. 54.見えない場所で動くのが性に合う
  55. 55.愚か者の末路は総じて不幸だ
  56. 56.先代よりよほど国王らしい
  57. 57.王城に新たな主が入った
  58. 58.期待以上の部屋でしたわ
  59. 59.お披露目の日時が決まりました
  60. 60.それはお披露目のための色
  61. 61.種を蒔くべき場所と時期
  62. 62.伯父様は私の味方ですもの
  63. 63.結論の前に根回しするから
  64. 64.厳粛なる貴族会議の実態
  65. 65.感情とは我が侭なのですね