祖母のうどん

作者 沢田和早

祖母のキャラクター性に、敬意を。

  • ★★★ Excellent!!!

 いわゆる、『イイ話』を書こうとすると、故人を悼むようなしんみりとした作品に遭遇しやすい。
 もちろん、ダメ、とは言わないが。
 命の尊さや思い出の中の切なさを物語の主軸に据えるのは、安易なだけに比較されれば類似作も出てくるし、被ったり埋もれたり、は日常茶飯事だろう。

 その点、こちらの作品は一線を画する。

 後悔や、感謝や、老いていく命への描写を織り込みながら、スポンサーのカップ麺に対するその仕打ちはどうなのだ!? とすら思える、憎めない祖母からの意趣返し。
 その全てが、愛情の根底にあることも欠かせない。

 そうそう、こういうのでいいんだよ。
 生きる、とは、食うことでもある。美味くても、不味くても。
 育つも、老いるも、同義である。
 死を思うことだけが、命の尊さの量りではあるまい。

 この祖母のキャラクター性に、敬意を表したレビューを贈ろう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

おおさわさんの他のおすすめレビュー 575