第3話  関係(物語の基本設定)

 うちの幼稚園は、基本的にお出迎えということは、まずしない。なにせ近所の子たちがほとんどだから、送迎もないし、親もいちいち付いて歩くこともない。

なので、園に入るときは、たいてい園児だけで来ることがほとんどだ。

なので、親が一緒に来るというのは、園児が様子が悪いとか(そんな時は休ませればいいのに)、よほど伝えたいことがあったか(今はメールでも可能なのに)、くらいしかない。



 そんな様子など、俺には本当に初めてで判らなくて、3月4月の入園のときからしばらく一緒について行っていたのだ。

そうして園児のほうが先に馴染んで、親が来ることが、かえって浮いて見える。しかしそれは俺には感じられず、先生からコソッと伝えられて、『そういうものなのか』と感じたものだった。

「お子さんが心配なんですね。」

と言ってくれたのが、あの渡辺先生だったのだ。

その時の、クスクスって感じで、でも厭味ったらしくなく明るくケラケラした感じの顔だったのが、すごいふわっとさせてくれた、というのかな。あ、男の先生だぞ。フツーの。

そこから、担任じゃないけど渡辺先生に、何かあるごとに駆けつけたり話するようになったり、そしてメールアドレスもゲットできたり。

まあ、我ながら、子供を持つ親の気持ちって、こういう時に感じたり、…あ、違う?そうじゃない?

ま、まぁ、なんつーか、渡辺先生のことを信頼できるようになったんだな。



 そうして5月になって、親御さんの懇親会というのがあるので、会社に休みを届けて、父さん母さんに亮を預けて(俺には見たこともない種類の笑顔を見せていたけど)、

先生方と園児の親たちと、顔合わせをしたんだが。

ま、男親はいないだろうと思っていたが、俺の他に3人いた。これも時代なのかとちょっと思ったけどな。

先生方の自己紹介をして、保育園の趣旨説明をして、そのあと園児の保護者の自己紹介をして。そのあとは、簡単な立食パーティーを用意してくれていた。

園児たちの手作りの飾り付け(後で聞いたら、先輩の園児たちが作ったものだそうだ)が施されていた。机をいくつかの島にかためて、お菓子とジュースが用意されていた。



 ここで、改めて渡辺先生と話すことができたんだが、

「あ、俺、B大学卒業なんですよね」

「え、そうなんですか。僕もB大学ですよ」

という一言から、学部こそ違うが先輩後輩の間柄だということが判明し、さらに親近感が湧き出したのだ。

「あら、先生、B大学なんですね。関東七大学だなんて、優秀じゃないですか〜」

なんて持ち上げた奥さんがいたもんだから、先生と、俺も巻き添えて、注目されてしまった。



 ちなみにその後。夏前の別の催しの時に、晩御飯を食べましょうという会があり、親睦会パート2が開かれた。今度は焼き肉にアルコールも出されてきた。そのため参加者みんな、盛り上がった。その時の会話だ。

「あの、先輩の学部って、なんですか?」

と、渡辺先生から話してきたのだ。B大学については、あまり詳しいことは言ってないんだけど、今日はお酒も入ってるし、ここは正直に話すことにするかな。

「スポーツ学部の推薦だったんだよ。だから、大学入試ってやらないで入れたんだ。頭悪い俺でもB大学卒業って胸張ってるけど、今ってそこ残ってるのかな?もう規模縮小したって聞いたんだけどな。だから今じゃ幻の学部なんだよ。あまり他には言ってないけどな。」

はははっと笑った。先生もつられて笑った。

「んで、先生はどうなの?あの大学に、教育学部って無かったよな?」

今度は俺が逆質問してみる。幼稚園って、小学校とか中学校みたいに、教員免許がなければ先生にはなれない。俺がそれを知ったのは先月だったけど。すると先生も正直なところを。

「実は、経営学部の卒業で、市役所勤務だったんです。経理部に配属した時に、幼稚園保育園の経営状況の担当になったんですけど、ここの経営状態が芳しく無くて、市役所からの派遣で来てるんですよね。ぶっちゃけ、内部監査、みたいなものです。だけど、ウチみたいな田舎の市役所だと、先生たちも人手が足りないもんだから、僕も先生としてしょっちゅう駆り出されてます。」

ほーう、そういうからくりだったのか。というタイミングでパシャッとフラッシュが。

「先生方の写真、あとで送っときますよ。メルアドとかありますか?」

渡辺先生は、若くて甘いマスクだから、奥様方のアイドルなのだ。こういうタイミングを狙って、個人情報を獲得しようとする狩人が跡を絶たない。それで、いつのまにか俺がすぐ近くにいてボディーガード役に、なってしまっている。

「あ、じゃ、俺にくれますか?そのあと先生に送っときますよ。」

「あら。また先生の秘書ですかぁ〜?ま、佐々木さんもワイルドだから好きだし、いいですよ。ぅふ。」

俺は苦笑いしながら、そのさっきの写真を送ってもらった。飲みの途中で、グラスは写っていなかったが、俺と渡辺先生が見つめてる画になっている。アルコールが入ってるから、顔も少し赤くなってるし、よくよく見て変な判断されたらどうしようかと、シラフだったら思ったかもしれないが、

「おっ、なんか意味深な写真にも見えますね(笑)」

と、飲んでる勢いで、ぱぱっと送ったのだった。

先生もメールを受け取って画像を見た時は、

「あー、これは、勘違いされる案件ですね〜」

なんて、ぷぷっと笑っていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る