第8話  法螺(ほら)

 乗り気じゃなかった。

同窓会なんて、どんな顔をして出れば良いものだか。

そもそもあの大学は、肩書が良いけれど、実際問題俺にとってのメリットなんか、今となっては全く無く、むしろ重荷になってきてさえいるのに。

家族にでさえ「出ねぇよ。行かねぇよ。」と言ってきてたのに、

なぜか幼稚園のオクサマ方に知れ渡ってしまい、

「これでいい人が見つかればいいわねぇ」

とまで言われてしまい、はっと気がついた。


もしかしたら、彼女のことを知ってる人がいるのかもしれない…




 雑踏というのは、こういうことを言うんだろうなぁなどと、なぜか大学生活が頭を占めるような、タイムスリップしたような感覚を覚えた。

雑踏なんて言葉、試験とか論文とかのときに使う以外に、いったいどこで使うんだ?と考えたりした。社会人になってからの知識など、お金の計算と、体力の温存の仕方くらいしか使うことがない。

想像もしてみたが、やっぱり、陽子さんはいなかった。

やっぱり、というか、残念、というか。

亮は元気で育ってますと、伝えたかった。これが本音だった。今更、一緒に暮らそうとか、そんなこと言えないだろうなあ。お互いに。でも、大きくなった亮を、どういう思いで会えるだろうか。それに、陽子さんの実の息子だ。引き取りますと言ってくることも、十分に考えられる。


「おう、久しぶりだなあ」

と、肩をぽんと叩かれた。振り返ると、知らない顔。

「お、おう。久しぶりだなあ。」

「なに、最近はどうなの?課長になったか?」

なんだこいつ?社会人5年で課長になれる会社ってどこだよ?

「いやぁ、まだまださぁ。」

「あ、じゃ、エリアマネージャーとかか?やるなあ、お前って前から凄腕だったからなあ。」

体力だったらスゴイかもしれないが、俺はそんなキャラじゃねぇよ。ってか、誰かと間違えてないか?

「おーい」という遠くの声が聞こえたと思うと

「あ、わり。ちょっと行ってくるわ。じゃ、楽しんでってくれよな。」

と、さっさと離れていった。あ、今のはもしかして幹事かな?

まあ、それより、当時の陽子さんを知っている人って、誰かいないか…?



「なぁ、」

「ん?」

「さっきの、あの大男、誰だ?」

「知らね。」

「なんだ?知らないで近寄ったの?」

「まあ、誰だっけな〜って思ってたんだけどな。どっかで見た顔だったから。全然知らないヤツだった。」

「じゃあさ、前に相手してた彼女、いま人妻なんだってよ。口説いてみるか?」

「お前のは、脅し、だろ?寝取り好きだもんな。」

「そんな昔とは違うよ。俺も大人になったんだぜ。」

「どこがだよ。手口がヤリサー時代と変わってねぇよ。」

「お前には、今の女の子を紹介してくれるってよ。現サークル会長が言ってたぜ。」

「お、おう、それなら文句ねぇよw。」



 さしあたり、同じゼミの人たちと話をしてみたが、陽子さんのことを話してくれる人はいなかった。

「…、あ、あぁぁ…、陽子さんね。はぃはぃ…」

と、なんか濁してしまう。まぁ、ヤリサーでいろいろヤッてた話はいろいろ聞いたから、そういうイメージが付いちゃってるんだろうな。

うーん、このままいても、情報は出てこないようだな。ここはもう帰るか。もう、この話は、ここでは出てこない。俺の方で処置しよう。


実は、渡辺先生の申し出で、亮を正式に養子にしたほうが良いと言われていたのだ。これで、実質にも法的にも、俺の息子ということになるのだと。

その方が手っ取り早いし、難しい話ではない。関わってくるのが俺と亮だけだから。他に関係を持つ人がいないから、とてもスムーズに事が運ぶからだ。

実の母親の話も聞きたかったのだが、この会場の雰囲気から見ても、歓迎はされないだろう。

よし。そうなったら、ここにはもう用は無い。帰ろう。

「あ、あの、もうお帰りで?」

という受付担当の言葉も、これから仕事があるのでと言って、さっさと出てきた。



「さて、終盤に差し掛かってきました。残る景品は、あと3つです。」

同窓会のラストを締めくくる、福引抽選会。参加者が全員集まって、司会者の持つ抽選箱に注目が集まっている。

「次の当選者は、…えぇと、佐々木さん。おめでとうございます。」

ざわざわと観客は声を出しているが、当選者は出てこない。さっき、帰ったのだから当然なのだが。

「えーと、佐々木さん、いませんか?スポーツ学部の佐々木さんです。いませんか?」

「ん?スポーツ?佐々木?」

「ん?どうした?」

さっきの元ヤリサー男が、司会者の声に反応した。

「佐々木…なあ、同期に佐々木って、あんまりいなかったよな。」

「えーと、おーい、参加者リストってあったか?…えーっと、今回の参加者では、佐々木は3人だな。うち1人は欠席の連絡が来ている。今日来ているのは、女と…男と、1人ずつだな。」

「…スポーツ?…あ、あいつだ!佐々木って。さっき俺が声かけた大男だ。」

「んん?なんだ?なにがあった?」

「あいつ、陽子さんをハメた奴だ。思い出した。あのあと陽子さんが妊娠したんだ。そうだ、あいつが佐々木か。」

「なんだなんだ?何があったんだ?」

急にキョロキョロ周りを見渡し走り出す男に、ヤリサーの男はついていけなかった。

「いませんか?スポーツ学部の佐々木さん。」

「あいつ、どこいった?あいつのせいで、陽子さんもサークルに来れなくなったんだぞ!」

「いなければ、棄権ということで、もう一枚引きます。こちらが当選の方になります。さて、当選者は…」

「佐々木?どこいった?佐々木?」

「え?あの、ちょ、ちょっと、きゃっ」

「佐々木?どこだ?陽子さんを!佐々木?」

ステージの前の方で、男が佐々木の名前を出して叫んでいる、陽子さんの名前も出している、ということが、この場面から広まった。



その夜、某SNSに、同窓会のネタとして、

『ヤリサー姫・陽子を佐々木が奪って、サークルから恨まれている』

という話に発展していた。もっとも、この話はその後2週間程度で消火され、みんなの記憶から消えていった。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る