第11話  恋人

 まだ5才児だから。

親として見守っていくことが大切。



「おとーさん、友だち連れてきた〜。」

今日は俺の仕事は、平日だけどシフトの都合でお休み。なので家の片付けなどなどをこなしていた。

帰りの時間になっていたのを、すっかり忘れていたが、もう独りでも帰ってこれるようになっているので、俺はそこまで過保護になっていない、んだろうな。

「こんにちは〜」

と、息子の声ではない声が響いていた。隣の子でもない。誰だろう?

「ミカちゃんも一緒だよ。」

と、同じ園の女の子が顔を出した。

「おぉっ?こんにちは。久しぶりだね。」

どうも亮と気が合う子らしく、このごろよく一緒になっているらしい。そっかぁ、彼女かあ。

「もうカノジョになったんだもんね。ねえ。」

「ほぉ〜、そうなんだぁ。いいねぇ。あとでジュースとお菓子持っていこうかな。」

「あたしたちの邪魔をしなければ、入ってきてもいいわよ。」

手をぎゅっと握られた亮は、ミカちゃんを抱き寄せていた。マセてるな、この歳で。

「ふふっ、じゃあ、ちょっとだけ行くね。ごゆっくり〜。」

と手を振った。亮の腕に絡みついて、家の奥に入っていった。うん、マセてるな。



そのミカちゃんのご両親は、何度か会ったことはあった。だから、顔は覚えていた。

「あら、佐々木さんですね。」

お菓子をなんか揃えてこようと、スーパーに行ったところ、たまたま偶然、そのお母さんに会った。たしか俺の1つ年上だそうで、ミカちゃんも次女で子ども3人いるとか。ちなみにこれは保護者連絡会議のメンバーの情報網から入手したデータだ。

「あ、どうも。ミカちゃん、ちょうど今、ウチに来てますよ。」

「あらあらぁ。いつもすみません。あの子も積極的で。」

お母さん似ですねと心の中で思っていた。実際、このお母さんも押しが強い性格なので、正直、俺は2歩くらい離れていたいくらいだ。

「早いですよねえ。もう5歳になったんですから。恋人も出来て、俺はちょっと安心かな。」

なんて牽制球を投げてみると、

「ミカも将来を考えてるなんて、ちょっと早い気もしますけどねえ。でもこれくらいしないと、世間に置いてけぼりになっちゃいますからねえ。」

と、ちょっと的外れ?なセリフを言ってくる。うーん、なんか、ここのご家庭は大丈夫なんだろうか?



「あ、佐々木先輩。どうしました?」

幼稚園の中を覗き込んでいると、渡辺先生が声を掛けてきた。

「あ、いや、仕事してるなーって思って。」

「ふふっ。先輩、今日も行っていいですか?ちょっと遅くなりそうですけど。」

実は、渡辺先生は、ここ最近、うちに寄ってきているのだ。きっかけはなんだったか忘れたけど、秋以降あたりから、鍋料理のタイミングから来ることが多くなっていた。

今までの話には、打ち明けないように秘密にしていたんだけど、こんなタイミングになっちゃったけど、実はそうなのだ。

「おう。なんかおかず作っておくから。簡単な野菜炒めでもいいかな。最近は人参が安くなったからな。」

「いいですねえ。それじゃ、お願いしますね。」

あぁ、と振り返ったタイミングで振り返った時、正門から数人の奥さんたちが入ってきた。

「あら、佐々木さーん」

と、これまた大きな声で叫んでくるものだから、中に入った渡辺先生も、また顔を出したくらいだった。

で、井戸端会議の話題となると、やっぱり、

「佐々木さんの意中の方ってどなたなのかしら?」

というコイバナになってくる。こういうことになるもんだから、さっさと切り上げたいんだがなあ。




「はははっ。先輩もモテるから。羨ましいくらいですよ。」

ご飯を装って食卓の用意が出来たところで、俺と亮と渡辺先生とで、席に着いた。

「俺は、そういう話は苦手なんだよ。奥さん連中に喋るのなんて、無理無理。」

BL本にあるような、あんだけ喋ったり考えたり勘違いするのなんて、俺には考えられない。だって、実際の男に、あんなことやってるヤツなんて、そうそういないぞ。

「あーぼくニンジンいく〜」

いろんな形にした人参の塊を、亮がレンゲで取り出している。

「人参ばっかり取ってないで、肉も食え。ほら。」

箸でひょいひょい取皿に突っ込んでいく。お汁が溢れそうになって、そーっと持っていく。

「亮くんも、いっぱい食べるんだねえ。お昼はいっぱい勉強したかな?」

「今日の勉強は簡単だったよ。全部できたもん。」

「んん?今日は何やったんだい?」

「えっとねえっとね、オルガンとね、パズルとね、紙芝居とね、飾り付けの折り紙とね…」

箸を動かさずにいろいろ話してくる。先生と一緒に聞いて、話して、答えていく。




食器も片付け終わって、ゆったりのんびりでいる。亮はまたおもちゃを出してきて、独りで遊んでいる。

「もう、ウチで過ごしてみるか?」

ぼそっと呟いた。先生は頭をこっちに向けた。

「大人が1人で子どもを見るのは、ハッキリ、厳しい。どの家庭でもそうだろうからな。だからという訳じゃないけど、二人で居たほうが、その後もなにかと良いと思うんだ。」

って言ってる傍から、じーっと、なんだかニヤニヤしながら見つめてきてる。

「先輩、…らしくないですね。ちゃんと話してるなんてw。」

「お、俺だって、たまには言うぞ。」

「先生も、もうずっとウチにいればいいのにー。もういいでしょ?」

と、亮も加勢して誘い込む。

「そうですね。はい、僕で良ければ。」

先生の返事も、簡単素っ気ないものだった。


甘い言葉なんて無い、ムードなど関係ない、これくらいサラッと話す、俺はこれくらいしか出来ないヤツだからな。って言ってみたんだけど、

「不器用なところが、先輩がモテるところなんですよ。妙に器用な人が出てきてるみたいな世の中だけど、先輩みたいなこんなところが男っぽいって、奥さんたちは感じてるんじゃないですかねえ。」

なんて言ってくる。

「俺は、こういうところで終わらせるタイプだからな。」

先生と亮は二人並んで、俺を覗き込んだ。

「不器用ですよね。でも、そのままで良いと思いますよ。」

「そのままでいいよ〜」

二人の意見も、一致していた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る