砂漠渡りと長月 / 僕だよ

作者 秋色

懐かしい声は、あの時の……

  • ★★★ Excellent!!!

雑踏の中、走馬灯のように過ぎ去っていく過去の思い出たち。
その中で、ふと聞こえる『僕だよ』という懐かしい声。
声の主は、昔、お店に一人で惣菜を買いに来ていた男の子の成長した姿だった。
温かな再開の後、訪れる衝撃の事実がありますが、でも、きっとそれは優しい思い出に包まれなからの旅立ちであろうと感じました。
何気ない「ありがとう」は、ずっと心の宝箱に残り、ふと思い出しては癒されるものなのでしょう。
きっと夢と現の狭間で、二人は確かに会えたのでしょう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

月花さんの他のおすすめレビュー 572