絹子

作者 松井みのり

少女の手紙に遺された奇妙な物語

  • ★★★ Excellent!!!

若くして亡くなった絹子という名の女学生。彼女の全身にはまるで蝶や花の文様のような奇妙な火傷痕がいくつも残っていた。その彼女が遺した手紙から彼女の身に何が起きたのかを追想するのが本作品だ。

本作最大の特徴は文体にあり、絹子が両親に遺した手紙がそのまま小説となっている。そこに書かれているのは、仲の良い親友二人とともにウィジャ盤遊び――日本でいうこっくりさんのようなもの――を始めたこと、そこで意外な答えが返ってきたこと、ある日突然運命的な出会いをしたこと……。20世紀前半を生きる絹子の落ち着いた文章は丁寧でとても読みやすく、好奇心、不安、歓喜、といった感じに日常の中で揺れ動く彼女の心情がよく伝わってくる。

もちろん、これだけだとただのなんてことない手紙なのだが、読者は冒頭で彼女の身に待ち受ける運命がわかっている。だからこそ、手紙の内容と現実の落差にゾッとしてしまうのだ。そして全てを読み終わった後に冒頭のエピグラフを改めて読みなおすと、まさにこの作品にぴったりのものであると納得でき、ただのホラー小説としてではなく一種の恋愛小説としても読める、奇妙な味のある一作だ。


(新作紹介 カクヨム金のたまご/文=柿崎 憲)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

カクヨム運営公式さんの他のおすすめレビュー 781