黒の商人

作者 茄子大根

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全106話

更新

  1. 一章 露店商人編
  2. 第1話1.1 葬式って気分のいいものじゃないよね
  3. 第2話1.2 目が覚めたら美女に囲まれていました
  4. 第3話1.3 療養生活の楽しみは少なかった
  5. 第4話1.4 美人さんと一緒に寝るのは緊張します
  6. 第5話1.5 食生活改善は必須です
  7. 第6話1.6 理術の研究を始めました
  8. 第7話1.7 順調に成長しています
  9. 第8話1.8 5歳になりました
  10. 第9話1.9 書斎には本がうなっていました
  11. 第10話1.10 痛いことはなるべくしたくありません
  12. 第11話1.11 露店商始めました
  13. 第12話1.12 肉が買いたいです
  14. 第13話1.13 何が何だか分からないけど騒ぎは収まりました
  15. 第14話1.14 目的のための手段を考えます
  16. 第15話1.15 ただ一緒に寝ているだけではありませんでした
  17. 第16話1.16 小さいけれど進展しています
  18. 第17話1.17 探し物は何ですか
  19. 第18話1.18 悪ことを考える人はどこにでもいるようです
  20. 第19話1.19 森人族には不思議な習性があるようです
  21. 第20話1.20 突然、変なのが顔を出しました
  22. 第21話1.21 久々の甘いお菓子は最高でした
  23. 第22話1.22 情報交換してみます
  24. 第23話1.23 真龍ってかっこつけすぎじゃないでしょうか
  25. 第24話1.24 修行ってやっぱり辛いものだよね
  26. 第25話1.25 詰め込みすぎだと思うのですが
  27. 第26話1.26 ただのお使い――で終わるはずがありません
  28. 第27話1.27 なぜか、俺も叱られています
  29. 第28話1.28 他の町を見にいけるようです
  30. 第29話1.29 温泉入っても疲れが取れそうにありません
  31. 第30話1.30 海魔獣が来たようです
  32. 第31話1.31 へん~しん! って言うだけでは変われません
  33. 第32話1.32 やっぱり定番はお姫様抱っこでしょ
  34. 第33話1.33 ワーグさんは戦闘狂……ではないようです
  35. 第34話1.34 また、変身してしまいました
  36. 第35話1.35 心願成就について考えてみます
  37. 第36話1.36 閑話 真龍達の話し合い
  38. 二章 見習い商人編
  39. 第1話2.1 12歳は旅立ちの歳です
  40. 第2話2.2 故郷を離れる時が来ました
  41. 第3話2.3 三つ子最強はシェールだと思います
  42. 第4話2.4 打ち明けてみたら大笑いされてしまいました
  43. 第5話2.5 森人族の風習は理解が難しいです
  44. 第6話2.6 領都へは、簡単にはいけないようです
  45. 第7話2.7 森を出てからは順調です
  46. 第8話2.8 紅龍爵様のやりたいことが分かりません
  47. 第9話2.9 爺様と血がつながっているとは思えません
  48. 第10話2.10 爺様とラスティ先生が不気味です
  49. 第11話2.11 爺様は一般兵より強いようです
  50. 第12話2.12 領都は大都会でした
  51. 第13話2.13 こうでもしないと進めないのです
  52. 第14話2.14 閑話 弟妹たちの買い物
  53. 第15話2.15 受験対策って必要なのでしょうか
  54. 第16話2.16 取り敢えず規制緩和やってみませんか? 
  55. 第17話2.17 領都の魔獣駆除組合に顔出してみました
  56. 第18話2.18 猟師が戦闘狂で大丈夫なのでしょうか?
  57. 第19話2.19 試験の日がやってきました
  58. 第20話2.20 ちょっとやりすぎたようです
  59. 第21話2.21 本当は、全力を見せたくて仕方がなかったようです
  60. 第22話2.22 俺だけは実力を隠したままの方がよいそうです
  61. 第23話2.23 商人科の入学式に見たことあるような人が混ざっています
  62. 第24話2.24 いまさら、学校行ってどうするの?
  63. 第25話2.25 何とか誤魔化してみました
  64. 第26話2.26 閑話 女の子たちの画策
  65. 第27話2.27 子供産んでないのに聖母はないでしょ
  66. 第28話2.28 閑話 ある馬鹿の末路
  67. 第29話2.29 仮免許の商人ですが、扱うものは超一流です
  68. 第30話2.30 生産量を増やしたいけど、いい人がいません
  69. 第31話2.31 面倒なので仕事を押し付けました
  70. 第32話2.32 王都の商人は、とてもいい人でした
  71. 第33話2.33 閑話 弟妹たち&サクラの学園生活
  72. 第34話2.34 竜が寝返りを打ったようですので陰で動きます
  73. 第35話2.35 森では熊さんにすら会いませんでした
  74. 第36話2.36 大物が出て来たようです
  75. 第37話2.37 賢者って誰のことですか?
  76. 第38話2.38 50年でさらに強くなったようです
  77. 第39話2.39 勇者って誰のことですか
  78. 第40話2.40 聖女って誰のことですか
  79. 第41話2.41 裏から探ってみました
  80. 第42話2.42 変な敵がいるようです
  81. 第43話2.43 俺ってそんなに信用無いのかな
  82. 第44話2.44 黒の商人って、もしかして俺ですか?
  83. 3章 商会設立編
  84. 第1話3.1 いろいろバレバレだったようです
  85. 第2話3.2 爺様、まずは話をしましょう
  86. 第3話3.3 通さないなら通らなければいいのです
  87. 第4話3.4 商会ってそんな簡単にできるんですか?
  88. 第5話3.5 ここ掘れワンワンってトンネル掘るのだけど
  89. 第6話3.6 恒久策を提案します
  90. 第7話3.7 閑話 碧龍爵家将軍は気が重い
  91. 第8話3.8 商会って言っても店舗がないのでこれまでと変わりはありません
  92. 第9話3.9 王都に向かったのですが先に重大イベントが発生しました
  93. 第10話3.10 サクラの過去はとっても有名でした
  94. 第11話3.11 貧困街は思っていたよりも平和そうです
  95. 第12話3.12 元締めは爺様ほど怖くはなかったので普通に話せました
  96. 第13話3.13 問題は隠されているのでしょうか
  97. 第14話3.14 理具の理具ってもうちょっといいかたないかな
  98. 第15話3.15 設置前に一仕事必要でした
  99. 第16話3.16 対価を払うのに苦労するとは思いませんでした
  100. 第17話3.17 やっぱり、ただのお使いでは終わりそうにありません
  101. 第18話3.18 美容用品に手を出す気は無かったのですが
  102. 第19話3.19 作業に集中できません
  103. 第20話3.20 どうして目を逸らすのでしょうか
  104. 第21話3.21 材料探しに手間取りそうです 
  105. 第22話3.22 久々に帰ってきました
  106. 第23話3.23 辿り着いたものの近づけませんでした 
  107. 第24話3.24 カメリアって、そっちなのね
  108. 第25話3.25 必要なものは揃ったけど、問題は残りました
  109. 第26話3.26 洗髪剤作だけでは済まなさそうです