機械仕掛けのナイチンゲールは目覚めの歌を歌わない

作者 Veilchen(悠井すみれ)

システムの上に書き上げられたらブロマンス

  • ★★★ Excellent!!!

眠り続ける富豪も、その目覚めを待つ夫人も。

どっちもいじっぱりで、互いの想いや望みがどこかに繋がるとは思っていないと思うのですけれど。

けれど、結果として作り上げられた機械仕掛けのナイチンゲールは彼らの愛を証明していると感じられて。

とても好きな物語です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

とある番組で、アンドロイド(ロボット)は人間の『感情』が描けないらしい、だから小説執筆というのは人間に許された最後の創作環境《フロンティア》なんだとか。

じゃあ、歌は?歌には感情が乗せられるのか?… 続きを読む

ハムカツさんの他のおすすめレビュー 236