相剋 ~毛利元就、安芸を制すまでの軌跡~ - rising sun -

作者 四谷軒

四谷軒様からのモウリー(苦しい)・クリスマス!

  • ★★★ Excellent!!!

ひとこと紹介を書きたいが為に本レビューを上げた事については、腰パンで「ちっ、うっせーな」と謝罪したい程度には反省しています(反省していない)。

勿論、そんな理由だけのレビューではありません。

前々作で武田○矢、前作ではついに宇宙へ飛び出して読者をワクワクさせてくれた四谷軒様。後はノ○ターンしか無いんじゃないかと心配していたら、歴史ものに戻って来てくれました。有難い。

それも、既に2作リリースされている毛利元就!非常に楽しみです。シリーズの過去2作がそうであるように、時系列順でありながらそれぞれ完結した作品ですので本作のみでも、遡っても楽しめます。でもやっぱり本作を読んだら、前作も読みたくなる筈。

読書のお供はトナカイの鈴か、除夜の鐘か。どちらにしても風情をかき立ててくれるでしょう。全年齢対象ですので(ですよね?)、良い子にもオススメです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

 結局、歴史小説を手に取る動機って何だろうと考えると、歴史を知りたいということが大きいと想う。
 レビュワーの理解も、毛利元就は有名だけど何をしたかは知らないし、尼子経久って多分レアキャラだし、安芸… 続きを読む

風間浦さんの他のおすすめレビュー 132