畏怖の花言葉

作者

もはや言葉を超えた念に感じられる花に込められた想い

  • ★★★ Excellent!!!

 まだ全ては読了しておりませんが、彼岸花の衝撃が凄まじく今このレビューを書いております。
 基本的に一話一花言葉の構成で描かれているオムニバス形式の作品なのでかつての少年ジャンプで例えるならばこち亀のように途中から読んでも理解ができる作品です。
 しかし、中身はこち亀のようなギャグマンガとは180°反対のホラーです。一つ一つの花に込められた言葉と表現するだけでは生ぬるい、もはや念にも感じられる想いが一話一話に潜んでいます。特に彼岸花はその念が行動にも情景にも色濃く表れていたと思いました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

かずき読者様が英会話力を得られるラノベさんの他のおすすめレビュー 100