掌編・赤と緑

作者 柊圭介

125

43人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 うどんとそばが和麺であるからか、当然コンテスト応募作品群は日本人同士の人間関係を描いているものが多いですが当作品の登場人物はフランス人。それだけで異文化に興味がある自分には他作品にない魅力を感じました。居住地の問題で応募が出来ないのが残念。

★★★ Excellent!!!

おしゃれでユーモアがあって、引き込まれました。
3,993文字と短いので是非、読んでみてください。
とても技術の高い作者様だと思います。

特筆すべきは言葉選びのセンス。
語彙力、そしてそれを見事に掌編の中に生かした傑作です。

(場外参加の理由については、作者様の近況ノートに理由が書かれています。)

★★★ Excellent!!!

なんで狐で、狸なの?
ToshikoshiはSobaであるべき?Udonは邪道?
素朴な疑問を我々に投げ掛けるように、仲の良い兄弟のやり取りが進みます。

日本好きで通ぶりたい弟のジャン。
近頃お腹の出っ張りが気になる兄ピエール。
何気ない日常に、ちょっと異色なものが混じり込む不思議さと可笑しさ。

日仏文化に精通し、双方に温かい眼差しを届ける筆者ならではの掌編です。

ほんわかした柔らかい大晦日を、愉快で楽しい兄弟たちと共に味わってみてください!

★★★ Excellent!!!

「日本って国はさ、ちょっとお隣の国へ行くにも仰々しい手続きが必要なんだぜ。だから、こっちの年からあっちの年へ渡るのだって、特別な儀式があるのさ」

な〜んて会話があったかどうかは、紐解いた人だけが知っているコチラのお話。
文化の違い、ユーモラスな解釈、ウィットの効いたあるある、わかるようでわからないフランス視点のニッポン。

軽やかなエスプリを感じる、気心の知れた兄弟ならではの会話劇。
赤と緑が、兄弟二人が、違うから面白い。互いに補い合って、素敵な暮らしをしている空気を感じました。

ブイヨン!

★★★ Excellent!!!

フランス在住のある兄弟が、生まれて初めてあの「赤」と「緑」で有名な日本製インスタント食品に挑戦!

もう、二人のやりとりがめちゃくちゃ可愛いのです。
日本通で細かい弟と、出てきたお腹が気になる適当な兄。
仲良くわいわい言いながら、ようやく二つの食品が完成……さて、その出来栄えとお味は?

こんなに癒される「年越しそば」は初めてかも~。
こちらの作品、残念ながら某コンテストには不参加だそうですが、皆さまにぜひとも読んでいただきたいです。
ほっこり温まりますよ♡