天神さまの云ふとおり

作者 mono黒

それは儚く、しかし心に残り続ける花火のよう

  • ★★★ Excellent!!!

舞台は江戸の遊郭。艶やかな雰囲気たっぷりに語られる、粋な大人の世界。
そんな夜に、偶然出会う二人。
嗜みとしてのオトナの遊びから、それはふと、互いにもう少し深い場所へと踏み込んで……

すべてのことが、運命的で刹那的。美しいことも残酷なことも輝いて見えます。
読み終えると、キリキリと切なくも、まぶたの裏にはっきりと残る花火の光のような残像に、しばらく胸が締めつけられます。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

あとみくさんの他のおすすめレビュー 97