精霊国異記 〜黒き月の剣士と死にたがりやの魔法使い〜

作者 相馬 みずき(繁忙期)

練り上げられたピュアな物語の行く末を見届けたい

  • ★★★ Excellent!!!

剣士のルドルフと魔法使いのモノ&彼女の相棒の杖を中心に物語が構成されています。
その世界観はまさに王道ファンタジーと呼ぶに相応しく、それが繊細な文章で紡がれています。巷で流行りのテンプレものに飽きた方、もともと王道ファンタジーが好きな方は必読すべき作品です。自信をもって推薦いたします!

感情が揺さぶられる切ない描写も作者様ならではです。随所にこういった表現があるので読むのが止まらないのです。これは罪ですね。

もちろんですが、ファンタジーの一要素たる戦闘描写にも手抜きなど一切ありません。

物語はこれから佳境に向かって進んでいきます。まだまだ謎が多く残されています。これを読み逃す手はありません。今なら一気読みですぐに最新話まで追い付きます。そして一気読みできる作品なのです。

是非とも行く末を見届けましょう、一緒に!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

水無月 氷泉さんの他のおすすめレビュー 280