精霊国異記 〜黒き月の剣士と死にたがりやの魔法使い〜

作者 相馬 みずき(繁忙期)

157

56人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

剣士のルドルフと魔法使いのモノ&彼女の相棒の杖を中心に物語が構成されています。
その世界観はまさに王道ファンタジーと呼ぶに相応しく、それが繊細な文章で紡がれています。巷で流行りのテンプレものに飽きた方、もともと王道ファンタジーが好きな方は必読すべき作品です。自信をもって推薦いたします!

感情が揺さぶられる切ない描写も作者様ならではです。随所にこういった表現があるので読むのが止まらないのです。これは罪ですね。

もちろんですが、ファンタジーの一要素たる戦闘描写にも手抜きなど一切ありません。

物語はこれから佳境に向かって進んでいきます。まだまだ謎が多く残されています。これを読み逃す手はありません。今なら一気読みですぐに最新話まで追い付きます。そして一気読みできる作品なのです。

是非とも行く末を見届けましょう、一緒に!

★★ Very Good!!

しっかりと丁寧に描かれた正統派の異世界ファンタジーで、散りばめられた世界観や人物のキラリと光る言葉選びが読んでいてたまりませんでした。
また小気味よい流れから次第に激しくなっていく物語は、刺激もしっかり、ボリュームもたっぷり。ワクワクのなかに切なさもあって、深い味わいを堪能できます。ぜひ読み進めてみて下さい!

★★★ Excellent!!!

主人公の剣士ルドルフさんは冷静で凄腕の大男という頼もしさの塊のような存在感があり、彼の連れ合いとなる魔法使いのモノさんは腕は立つのですがそれ以上に明らかなワケアリの少女で、杖に秘めたる力は筆舌に尽くしがたく…!?

このお二人を主な視点人物に話が進んでいくのですが、ある意味このお二人よりも中心となるのが、王子アルラーシュ様です。
若干世間知らずですが気取ったところがなく公正かつ利発で、己の未熟さを歯痒く思うシーンなどを見ると、とても謙虚な方なのがわかります。
このお人柄だからこそ、多彩な有能さを持った人材が自然と周囲に集まり、慕われるのでしょう。

容赦のない怒涛の展開が過ぎ去り、依然難局を迎えていますが、彼らならきっと乗り越えられるはずです。
なぜなら単なる力だけでなく、新たな味方や仲間を引き込む器が、彼らには備わっているから。
強大な敵、渦巻く陰謀、謎に満ちた世界観…語り尽くせぬこの作品を、ぜひ御一読ください。

★★★ Excellent!!!

ッダ!ダメえッ!絶対っ駄目ええッ!

私のルドルフ様は、アンタ達が良く想像する様な流れモノ勇者の、
1) 無愛想
2) やたらとデカい
3) やたらとマッチョ
4) 陰のある人間性
5) 超ロン毛と無精髭

ここまでオッケー。

みずきちゃん、ここに後一個だけ私の要望を足して。
6) 風呂には毎日入る。

いくら勇者でも、コレからの時代。不潔は駄目よ。

★★★ Excellent!!!

本作は四大元素の精霊が棲まう異世界を舞台として、年若い凄腕の剣士が幼い魔法使いの少女と出会うことから始まる物語です。
帝国将軍という重役に付きながら、職を辞して旧友に会うための旅の途中、主人公は野盗に襲われていた少女を助けます。そして、偶然にも目的地が一致したことから二人は同道することになり、始めは警戒していた少女も徐々に心を開いていくのですが、世界には戦乱の兆しが見え始めていたのでした。

古き良きファンタジー作品の王道を抑えており、剣と魔法と杖の世界が展開されています。昨今の異世界転生(転移)ものには飽き気味の方、原点回帰をしたい方には特にお薦めの作品です。

★★ Very Good!!

 ファンタジーならなんでも良い!と謳っているのに完成度が高い。逆パッケージ詐欺だ笑!!

良い点:主人公の心理描写や背景を描くまでもなく会話や間の取り方から滲み出てくる人間性、それを表現し切る文章力が素晴らしい。

気になった点:カクヨムでやるにしては最初の数話が少々取っ付きづらい印象を受けた。それが悪いこととは思えないが。